« 「入市被爆者」 | トップページ | 将棋:第49期王位戦深浦勝つ »

2008年8月 7日 (木)

北京五輪女子サッカー:初戦引分け

北京五輪女子サッカーは昨日から予選リーグが始まった。

日本は初戦の対ニュージーランド戦、一時0-2とリードされたが、その後2点を返してようやく同点とし勝ち点1をあげた。

前半は見ていなかったので、後半だけに絞って感想を述べると、攻撃の組立てができていなかった。澤や坂口、さらには宮間などがボールを持って相手ディフェンスラインの中央へと仕掛けて行くまではよいが、そこから先の工夫がない。くさびのボールを入れるのか、左右のサイドに渡してクロスで攻めるのか、迷っている内に相手の防御網に絡め取られていた。もう一呼吸ないし二呼吸早めの判断が必要になる。それはまた、ボールを持っていない選手の動き出しが遅いということでもあるのだろう。あと2試合、あらゆる意味でのスピードアップが重要となる。

どうにか最悪の事態だけは免れたが、予選突破にはもう負けられない状況である。アメリカとノルウェーという強豪相手に1勝1分けというのは非常に厳しいが、決勝トーナメントに進むためには勝ち点5が最低ラインだろう。アメリカとノルウェーはおそらく勝ち点7以上を目指しているに違いない。

明後日(08年)8月9日の対アメリカ戦こそ「負けられない戦い」になる。

|

« 「入市被爆者」 | トップページ | 将棋:第49期王位戦深浦勝つ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/42095843

この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪女子サッカー:初戦引分け:

« 「入市被爆者」 | トップページ | 将棋:第49期王位戦深浦勝つ »