« 将棋:第21期竜王戦挑戦者決定三番勝負 | トップページ | 「~させていただきます」 »

2008年9月13日 (土)

将棋:第21期竜王戦挑戦者は羽生名人

昨日(08年9月12日)、将棋第21期竜王戦の挑戦者決定三番勝負第3局が行われ、羽生善治名人が180手で木村一基八段を降し、挑戦者に決定した(参照)。

後手の角換り向い飛車で始まったこの将棋、直ぐに両者が▲7七、△3三と角を打ち、普通の向い飛車のような進行になった。途中千日手模様になったものの、やや有利だった先手が打開。途中68手目、▲6五歩の突き出しに△7三角と引き、7~9筋は先後同形に。しかし、6筋の位や1歩を手にしているなど、この段階では先手の方がやや優勢か(図1)。

31  

 

 

 

 

 

 

この後、▲1六歩△1四歩▲2六飛と進み、先手は徐々に好形に。このままではジリ貧と判断したか、後手から6四歩と戦端を開く展開になった(図2)。

32  

 

 

 

 

 

 

この後中盤の激しい競り合いが続き、127手目にして先手はようやく2二飛成と敵陣に大駒を成り込んだ(図3)。

33  

 

 

 

 

 

 

ところがこの後40手近くに及ぶ羽生の攻撃がすさまじく、先手木村は4三の銀も3一の飛も取れず、先手の竜とと金、後手の飛と銀の位置はまったく変わることがなかった(167手目にしてやっと▲3一竜と飛を取ったものの、結局4三の銀は最後まで取ることができなかった)。

さらに羽生の猛攻が続く。それに対し、先手木村が173手目に▲8七銀打という守りの好手を繰り出した(図4)。これで後手の攻めも頓挫したかに見えたのだが…。

34_2  

 

 

 

 

 

 

ここで後手にまるで「次の一手」のような好手があった。それは△6四角! 先手玉は横に効く駒があれば即詰み。なので飛金両取りの△6四角には▲同金の一手。そこで△7五桂打が継続手。私は△6八角成ばかりを考えていて、この△6四角はまったく気づかなかった。

この後木村八段が持ち前の粘り腰を発揮するものの、羽生名人は誤ることなく敵玉を追い詰めた(投了図)。

35  

 

 

 

 

 

 

これで将棋ファンが待ち望んでいた羽生名人対渡辺明竜王の七番勝負が実現した。しかも勝った方が初の永世竜王位を獲得するという、ファンのみならず、日本将棋連盟にとっても、主催新聞社にとっても最高の舞台、役者がそろったことになる。

第21期竜王戦七番勝負の日程は次の通り。

第1局 10月18日、19日 フランス ル・メリディアン・エトワール
第2局 10月30日、31日 北海道「洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス」
第3局 11月13日、14日 岩手県「平泉ホテル武蔵坊」
第4局 11月26日、27日 熊本県「菊池観光ホテル」
第5局 12月4日、5日   和歌山県白浜町「むさし」
第6局 12月10日、11日 新潟県南魚沼「龍言」
第7局 12月17日、18日 山形県天童市「ほほえみの宿 滝の湯」

個人的には、日帰りで観戦に行けるような場所がないのが残念である。

|

« 将棋:第21期竜王戦挑戦者決定三番勝負 | トップページ | 「~させていただきます」 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/42458026

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋:第21期竜王戦挑戦者は羽生名人:

» 羽生名人、永世竜王対決へ! [りゅうちゃんミストラル]
第21期竜王戦、挑戦者決定戦第3局が12日に行われた。羽生善治名人と木村一基八段の対戦はここまで1勝1敗。接戦を制して羽生名人が挑戦者に決定。「永世竜王対決」の実現となった。羽生名人、渡辺竜王への挑戦権獲得…初の永世7冠目指す(読売新聞)      決...... [続きを読む]

受信: 2008年9月13日 (土) 11時05分

» 読売旅行バスハイク [読売旅行バスハイク]
読売旅行バスハイクっていいですね [続きを読む]

受信: 2008年9月13日 (土) 21時35分

« 将棋:第21期竜王戦挑戦者決定三番勝負 | トップページ | 「~させていただきます」 »