« 将棋:第67期順位戦合計19局が一斉対局 | トップページ | コーヒー陽気 »

2008年9月20日 (土)

将棋:第67期順位戦B級1組成績ランク(6回戦)

昨日(08年9月19日)、第67期将棋B級1組順位戦の6回戦が行われた。

勝敗は次の通り。

   【勝】       【負】  
山崎隆之七段―井上慶太八段
畠山  鎮七段―北浜健介七段
阿部  隆八段―森下  卓九段
久保利明八段―杉本昌隆七段
屋敷伸之九段―堀口一史座七段
行方尚史八段―渡辺  明竜王

この結果、成績順位は次のようになった(前回の成績順位表はこちら)。

成績
順位
氏名/段位B級1組
順位
成績前回
順位
順位
変動
備 考
1 久保利明八段 1位 4勝1敗 3  
2 阿部 隆八段 5位 4勝2敗 5  
3 井上慶太八段 9位 4勝2敗 1  
4 杉本昌隆七段 11位 4勝2敗 2  
5 屋敷伸之九段 13位 3勝2敗 8  
6 渡辺明竜王 4位 3勝3敗 4  
7 山崎隆之七段 12位 3勝3敗 10   
8 高橋道雄九段 3位 2勝3敗 9 今回抜け番 
9 畠山 鎮七段 6位 2勝3敗 11  
10 北浜健介七段 8位 2勝3敗 6  
11 森下 卓九段 10位 2勝3敗 7  
12 行方尚史八段 2位 2勝4敗 12 -  
13 堀口一史座七段 7位 1勝5敗 13 -  

今回順位に変わりがなかったのは行方と堀口の2人だけ。他の11人は上がった者6名、下がった者5名。

久保が好調だ。抜け番があり対局数が1つ少ないが、ただ一人、1敗を守っている。順位も最上位であり、このままの調子を維持できれば1期でのA級復帰も見えてくる。

渡辺の星が伸びない。4回戦、5回戦と連勝したときは、これで波に乗ったかと思ったが、元A級行方に苦杯を喫した。今回白星を上げた山崎も連勝ができない。残留が目標では、本人も周囲も納得しないのがこの二人である。特に渡辺は来月、羽生名人を挑戦者に迎えて竜王戦のタイトルマッチが控えている。調子を上げてもらいたい。

昨日はこのほかに、A級1局、B級2組12局の対戦があった。結果は次の通り。

□A級3回戦
   【勝】               【負】
三浦弘行八段(2勝1敗)―●藤井 猛九段(1勝2敗)

□B級2組4回戦
   【勝】               【負】
土佐浩司七段(2勝2敗)―泉 正樹七段(2勝2敗)
松尾 歩七段(3勝1敗)―中川大輔七段(2勝2敗)
南 芳一九段(2勝2敗)―神谷広志七段(1勝3敗)
阿久津主税六段(2勝2敗)―森 雞二九段(0勝4敗)
田中寅彦九段(3勝1敗)―桐山清澄九段(1勝3敗)
畠山成幸七段(2勝2敗)―野月浩貴七段(1勝3敗)
佐藤秀司七段(2勝2敗)―飯塚祐紀六段(2勝2敗)
青野照市九段(3勝1敗)―橋本崇載七段(2勝2敗)
中田宏樹八段(3勝1敗)―島  朗九段(2勝2敗)
中村 修九段(2勝2敗)―先崎 学八段(3勝1敗)
内藤國雄九段(2勝2敗)―浦野真彦七段(1勝3敗)
豊川孝弘六段(4勝0敗)―加藤一二三九段(1勝3敗)

豊川が4戦全勝と好調。同じく無敗だった先崎が負け、上位陣は混線模様になっているだけに、前期からの通算で順位戦9連勝の勢いを持続して2期連続昇級を目指したいところだ。

A級は次回9月24日に▲木村一基八段-△佐藤康光棋王(3回戦)、B級1組は10月10日に7回戦(抜け番は杉本七段)、B級2組は10月17日に5回戦がそれぞれ予定されている。

|

« 将棋:第67期順位戦合計19局が一斉対局 | トップページ | コーヒー陽気 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

Jackさん、こんにちは
将棋は全然わかりませんけど、チェスととても似ていると考えるのは素人でしょうか?歩兵とか飛車とか?女王や王も進み方がおなじですよね。何か発祥に共通なところがあるのでしょうか?

投稿: pompon | 2008年9月21日 (日) 05時54分

将棋の起源はインドの「チャトランガ」というゲームにあると言われています。その「チャトランガ」が西に伝わり、駒が立体化したのが「チェス」。東の中国に伝わり、駒が丸くて平たいのが「象棋」(中国で「シャンチー」、朝鮮半島では「チャンギ」)、それがさらに日本に伝わって独自の進化を遂げて今の「将棋」になったと言われています。
こうした「駒を使って二人でする卓上ゲーム」を英語では「Chess-like games」などと呼びますが、取った駒を自分の駒として使えるのは日本将棋だけで、そのためChess-like gamesでは最も複雑で、変化の数は10の220乗あると言われています。現在人類が持っている知識からは、全宇宙の原子の数は10の80乗から100乗ぐらいだと言われていますから、将棋が如何に複雑なゲームかお分かりいただけるでしょう。

投稿: Jack | 2008年9月21日 (日) 17時30分

じゅ、10の220乗…目も頭もグルグル?!
インドが起源のものって本当にたくさんありますね。

投稿: pompon | 2008年9月21日 (日) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/42533375

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋:第67期順位戦B級1組成績ランク(6回戦):

« 将棋:第67期順位戦合計19局が一斉対局 | トップページ | コーヒー陽気 »