« 将棋:第49期王位戦深浦王位が防衛 | トップページ | 軽薄閣僚輩出 »

2008年9月27日 (土)

味噌、壷、キモ

「そこが味噌だ」と言えば、それが「特色だ」、「重要な点だ」といった意味になる。「手前味噌」という表現もあって、これは「自慢をすること」で、「手前味噌を並べる」などと言う。

それとは別に「壷」という表現もあって、こちらは「要点」、「勘どころ」の意である。「壷を心得ている」と言えば、「物事の重要なポイントを知っている」ということ。またお灸をすえる「急所」も意味する。

最近では「笑いの壷(に入る)」という表現をちょくちょく耳にするが、これは「急所を突いている」という意味の「壷に嵌まる」から派生したものだろう。

ところで、この2つに似ている表現で「キモ」というのがある。「~のキモが5分で分かる」とか「ここのところがキモである」などといった使われ方をしているのだが、その意味・使い方がいま一つ理解できない。

おそらく「キモ」は「肝心要」(かんじんかなめ)の「肝」なのだろうが、「iPod使いこなしの“キモ”はスマートプレイリストにあり」などと書かれると「肝心要」とは少し意味あいが違う。なので、この「キモ」に関しては確信が持てないため、これまで使ったことがなかった。

きっと使い方の“キモ”が分かれば、簡単に使える言葉なんだろう。と、今初めて使ってみたが、何だこれ、“コツ”って言えば済むことじゃないか。

|

« 将棋:第49期王位戦深浦王位が防衛 | トップページ | 軽薄閣僚輩出 »

その他」カテゴリの記事

コメント

タイトルだけ見たときは、どんな三題噺かと思いました。
「キモ → コツ」の方向はおおむね言い換え可能そうですが、逆方向はだめな場合もありますね。
「コツがわかけれぱ」○
「キモがわかけれぱ」○
ところが、
「ちょっとのコツがわかけれぱ」○
「ちょっとのキモがわかけれぱ」△
コツは細分化できるけど、キモはできないのかな。

投稿: baldhatter | 2008年9月27日 (土) 18時02分

>「キモ → コツ」の方向はおおむね言い換え可能

このエントリーを書いていて思いついたのですが、キモ≧ミソ&ツボ&コツってことなのかもしれません。ただ特定の言い回しにおいては互換不能ってことなのではないでしょうか。たとえば、「壷を押さえる」に対して「キモを押さえる」という表現はGoogleで300件近くヒットしましたが、「壷を外す」に対する「キモを外す」はほんの数件しかヒットしませんでした(「(魚などの)内臓を取る」という意味であれば、もう少し数が多いようです)。

投稿: Jack | 2008年9月27日 (土) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/42609375

この記事へのトラックバック一覧です: 味噌、壷、キモ:

« 将棋:第49期王位戦深浦王位が防衛 | トップページ | 軽薄閣僚輩出 »