« ブログ女王の愛犬 | トップページ | 次の“貧乏くじ”は… »

2008年9月 1日 (月)

防災の日

今日9月1日は「防災の日」。今年は既に昨日(08年)8月31日に各地で防災訓練が開催された。

私が小学生だった頃も、夏休みが終わり初めての登校日となる9月1日に避難訓練が行われた。

地震が発生したという想定で、まず全員が机の下に隠れ、次に揺れが治まった頃に火災が発生したということで校庭に避難する。その時、右手で自分の左腕の肘を軽く握り、焦って前の人を押すことがないよう予防する工夫があった。どうやらこの方法、他の学校や地域では行われていなかったようで、これまでに知っている人に会ったことがない。

子どもの頃はなんでこんな日に避難訓練をするんだと思ったものだが、その理由は母に教えてもらった。

1918年(大正7年)生まれだった母は、5歳で遭遇した関東大震災をはっきりと覚えていた。ちょうどお昼時でお箸を持ち「いただきます」をした時だったらしい。いきなり食卓が揺れ、卓上にあった物が投げ飛ばされたように四方に飛び散り、家全体がギシギシと不気味な音を立てて揺れたという。

何が何だか分からなかったが、気づいたら近くの広場にいて、手にはお箸を持っていた。傍らにいた長姉は枕を抱きしめていたという。住んでいたのが千葉県と、震源地からさらに遠かったため東京ほどの被害はなかったらしいが、地震が起きるとその時のことを思い出すと言っていた。

この頃では、今日の防災の日の所以を知らない人も増えてきている。「天災は忘れた頃にやってくる」--それならば、「天災は、こちらが忘れなければやってこない」とも言える。つまりは普段の備えを怠らないことだ。災害時の非常持ち出し品と、家族の連絡方法をもう一度確認しておくことにしよう。

|

« ブログ女王の愛犬 | トップページ | 次の“貧乏くじ”は… »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

Jackさん、おはようございます。
モントリオールは9月1日午前9時半くらいです。9時前に、福田首相辞任のニュースが入ってきました。米国も選挙、カナダも選挙になりそうで、どこも政治がぐらぐらしてます。
学生時の防災訓練は私にも記憶があります。9月1日は始業式だったので、違う日だったと思います。腕の位置については知りませんでした。
今、北米はカリブ海から米国南部を襲っている台風で大騒ぎです。小さい時から毎年台風が通過する場所で育った私には、世界でも最先端の観測施設を持ちながら備えをせずに大騒ぎするように見えます。建築家やその卵に話を聞くと、日本は地震や台風のため、建築基準がすごく厳しいと言います。日本でも被害が全く出ない年はありませんが、それでもできる限りの備えはどこでもしていると思います。あ、そういえば、東京にでたら台風はなかったですが、地面が揺れるのでびっくりした覚えがあります。
Jackさん、送信がうまく行きません。もしかしたら何回も同じコメントが届いているかもしれません。?

投稿: pompon | 2008年9月 1日 (月) 23時02分

うちの子らの小学校は、最近では「防災訓練」と言わずに「自動引き渡し訓練」という名前でお手紙が来ますね。

わが家も今日は、非常持ち出し袋の中身を点検して飲用水の入れ替えなどしました。ラジオの電源確認、キャンプ用コンロの動作確認もしました。
さあ、これでいつでも...いや、来てはほしくありませんね。

投稿: baldhatter | 2008年9月 1日 (月) 23時10分

pomponさん

>北米はカリブ海から米国南部を襲っている台風で大騒ぎです。
そういえばカナダにはハリケーン(台風)って来ないんでしょうね。

>地面が揺れるのでびっくりした覚えがあります。
これは日系ハワイ人の友人も言ってました。「東京は地面が揺れよる」。

>送信がうまく行きません。もしかしたら何回も同じコメントが届いているかもしれません。?
大丈夫です。コメントはダブっていませんよ。今日からココログのコメント周辺のインタフェースや操作が新しくなったようで、私も今見てびっくり。そのあたりのことが影響したのかもしれません。

baldhatterさん
>「自動引き渡し訓練」
「自動引き落とし訓練」と読み、びっくりしました。「え、訓練に費用がかかるの?」。今朝のauの携帯ニュースで「脱臼雇い支援」という見出しを見て驚き、よくよく見たら「脱日雇い支援」だったというのに続き、本日2件目の見間違いでした^^;
でも「自動引き渡し訓練」て、意味がよく分からないのですが…。

投稿: Jack | 2008年9月 2日 (火) 21時23分

Jackさん、
カナダにもやっと夏が来た!と職場で言いました。先週末から夏らしい暑さです。

>そういえばカナダにはハリケーン(台風)って来ないんでしょうね。
3年前のカトリーナは来ましたが、ここにたどり着く前に随分弱まってました。お隣のオンタリオ州ではときどき竜巻が起こります。

>「東京は地面が揺れよる」。
1.地下鉄や電車が通ると揺れる。(線路に近い所) 2.大型車(トラックやバス)が通ると揺れる。(大きい道路に近い所) 3.地震 でした。

>「自動引き渡し訓練」
ハテナ???
銀行口座から自動的にお金が引かれるのが「自動引き落とし」ですよね。防災訓練で、何を引き渡ししてくれるのかしら?

投稿: pompon | 2008年9月 3日 (水) 07時17分

> 「自動引き渡し訓練」

自分でも笑っちゃいました。すいません、みなさん。「児童引き渡し訓練」です。
つまり、地震が発生したという想定で子供たちは普通の訓練をするのですが、その後で、子供たちを引き取りにきた父兄に、ちゃんと確認したうえで児童を引き渡す、という流れです。

投稿: baldhatter | 2008年9月 3日 (水) 10時54分

なるほど、納得です^^

そういえば、うちの一番下(二女)が小学生だったときも始業式の日、帰りは防災訓練を兼ねての集団下校でした。5年も経つと忘れてしまうものですね。

投稿: Jack | 2008年9月 3日 (水) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/42349813

この記事へのトラックバック一覧です: 防災の日:

« ブログ女王の愛犬 | トップページ | 次の“貧乏くじ”は… »