« 竜王出発 | トップページ | 2010年W杯アジア最終予選ウズベキスタン戦 »

2008年10月16日 (木)

将棋:第67期順位戦A級成績ランク(4回戦)

昨日(08年10月15日)、第67期将棋A級順位戦4回戦最後の1局、▲三浦広行八段-△木村一基戦が行われ、59手までで三浦八段が勝った。

A級4回戦の勝敗と成績ランキングは次の通り(前回の成績順位)。

  【勝】    【負】
△森内九段―▲谷川九段
▲鈴木八段―△郷田九段
△藤井九段―▲深浦王位
▲佐藤棋王―△丸山九段
▲三浦八段―△木村八段 

成績
順位
氏名/段位A級
順位
成績前回
順位
順位
変動
備 考
1 森内俊之九段 1位 3勝1敗 2  
2 三浦弘行八段 2位 3勝1敗 3  
3 丸山忠久九段 4位 3勝1敗 1  
4 郷田真隆九段 3位 2勝2敗 4 -  
5 藤井  猛九段 6位 2勝2敗 7  
6 谷川浩司九段 7位 2勝2敗 5  
7 佐藤康光棋王 8位 2勝2敗 8  
8 木村一基八段 5位 1勝3敗 6  
9 鈴木大介八段 9位 1勝3敗 10  
10 深浦康市王位 10位 1勝3敗 9  

3戦全勝だった丸山九段に初黒星が付いた。付けたのは佐藤棋王。共に名人在位2期の実績を持つ強豪だが、佐藤は2000年(第58期)に丸山に名人を奪われて以来8年、丸山も2002年(第60期)、森内に敗れて以来6年、名人戦の舞台に登場していない。ここらで再び挑戦権を得たいところだろう。

2人の対局は10月9日に行われ、後手一手損角換りの戦いになった。その後早繰り銀かと思わせた▲佐藤が17手目に向い飛車に振る趣向を見せた(図1)。

A1_2   

 

 

 

 

 

 

図1から
          △4二玉
▲3七桂   △3一玉
▲4八玉   △5四銀
▲3八金   △4四歩
▲5六歩   △2二玉
▲1六歩   △5二金
▲6八金   △7四歩
▲3九玉   △4五歩
▲6六銀   △4三金右
▲2八玉   △4四銀
▲7五歩

と進んで37手目の▲7五歩で開戦(図2)。

A2_2   

 

 

 

 

 

 

両者角を持っているだけに途中細心の注意を払い、一手一手を慎重に組み進めてきたものである。相手にすきを見せず、じりじりと互いの間合いを詰めていく展開には迫力があった。

この後、両者が攻め合う激しい展開になり、後手は援軍を送り込もうと98手目に△4六歩と指したのが下図。

A3  

 

 

 

 

 

 

ここで先手は6二飛成が間に合えばいいが、後手の2二金が3二に移動すれば、2一にある長距離砲の砲門が開くことになる。どうするのだろうと見ていると、佐藤が指したのは▲2五香打。まさに指されてみれば当たり前の手とも言えるが、他に援軍もなく、狙撃手のように孤独なこの香は攻めというよりも、後手玉の脱出路と△3二金寄を牽制した手であり、「この手で勝ちになった」という佐藤自慢の一着だった。

この後▲6二飛成が入り、結局105手で先手佐藤の勝ち。

これで全勝がいなくなり、1敗が3人、2敗が4人、3敗が3人。過去には3敗で挑戦というケースもあったが、やはりその可能性はきわめて低いだろう。挑戦者は1敗と2敗の7人の中から出てくるものと思われる。

各自残り5局―1局ごとに勝敗の重みが幾何級数的に増して行くことになる。

|

« 竜王出発 | トップページ | 2010年W杯アジア最終予選ウズベキスタン戦 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/42809271

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋:第67期順位戦A級成績ランク(4回戦):

» ⮂卐舆 [将棋 Search Anything]
やっぱり奥が深いよな将棋知りたいことが沢山ありますね。音うけ将棋盤の裏面の中央... [続きを読む]

受信: 2008年10月18日 (土) 12時15分

« 竜王出発 | トップページ | 2010年W杯アジア最終予選ウズベキスタン戦 »