« エリック・モングレインのセカンドアルバム“Equilibrium” | トップページ | 将棋:渡辺竜王の感想から »

2008年10月21日 (火)

なぜ“弘田三枝子”?

Photo先週の金曜日(08年10月17日)から日曜日(10月19日)までの3日間、当ブログのあるエントリーにアクセスが集中した。

そのエントリーとは昨年(07年)12月30日に書いた「美容整形:身近な人の変化(へんげ)」。

以前にも、ある特定のエントリーにアクセスが集中したことはあったが、今回は3日間にわたり、全アクセス数の半分近くを占めるというちょっと異例の状況だった。

検索ワード/フレーズから推測すると(上の画像は一昨日10月19日の検索フレーズランキング)、上記エントリー内に「弘田三枝子」に関する言及があったためのようだが、では何故「弘田三枝子」に関する検索がこれほど増えたのか。ネットで弘田三枝子関連のニュースを調べたが、特にこれといったものは見つからずじまい。ログで確認したが、特定の人間が集中的にアクセスしている様子はなし。

その集中アクセスも一昨日までで終わり、昨日は同エントリーへのアクセスは1桁まで減少した。いったい何があったのだろう、皆目見当がつかない。

弘田三枝子は私がナマで見た最初の芸能人の1人。小学校の都内見学で訪れたテレビ局のスタジオで、偶々弘田三枝子が“Be My Baby”を歌っていた。自分が歌ったメインのメロディに、あの“Be my, be my baby/My one and only baby”という有名なコーラス部分を重ねていたと記憶している。

それまでにも、弘田三枝子の歌や“Be My Baby”をラジオやテレビで聞いたことはあったが、(厳密には、スタジオを見下ろすブースからガラス越しに見、歌もモニタースピーカーで聞いたのだが)ナマで聞く歌声は美しく迫力があった。

録音が終ったのか、スタジオを出て行く際、われわれがいたブースを見上げ手を振ってくれたときの白いドレスが印象的で、当時15~16歳だっただろう笑顔がチャーミングだった。

|

« エリック・モングレインのセカンドアルバム“Equilibrium” | トップページ | 将棋:渡辺竜王の感想から »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

弘田三枝子といえばもちろん「ジャングル大帝」。

投稿: baldhatter | 2008年10月21日 (火) 17時56分

“ジャングル大帝”エンディングテーマ「レオのうた」
作詞:辻真先
作曲:冨田勲
歌:弘田三枝子

作曲が冨田勲、歌が弘田三枝子とは…。知りませんでした。

投稿: Jack | 2008年10月22日 (水) 10時55分

なぜ“弘田三枝子”?
A「誰でもピカソ」に出てたからだよ

投稿: | 2008年10月25日 (土) 20時06分

なるほど、10月17日(木)の回に出演していたんですね。
http://www.tv-tokyo.co.jp/pikaso/lineup/081017.html

投稿: Jack | 2008年10月25日 (土) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/42859802

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ“弘田三枝子”?:

« エリック・モングレインのセカンドアルバム“Equilibrium” | トップページ | 将棋:渡辺竜王の感想から »