« TRADOSに関する一つの問題 | トップページ | AFC U-16選手権準々決勝日本-サウジアラビア »

2008年10月26日 (日)

マンガの効用

Photo_2翻訳の仕事で疲れたとき、疲労解消にはマンガが効果的だ。

一日中翻訳で頭を酷使したときは、仕事が終っても直ぐに寝付けない。そんなとき、マンガを読むと(見ると)、疲れが抜ける。

映画もいいが、夜遅くに仕事が終ったときなどはそれからさらに2時間近くも映画を観るのは別の種類の疲れを誘う。なので基本はマンガ。

翻訳はまさに文字・言語との格闘であるのに対し、マンガや映画というのは映像のエンターテインメントという対極に位置するもので、したがって脳内で処理する場所もまったく違っていて、長時間使用してオーバーヒート気味になった言語中枢のクールダウンに効果的なのだろう。

    ***

冒頭に挙げた『よつばと!』(あずまきよひこ作)は、近くの大型スーパーの中にある本屋で、“立ち読み用”という抜粋版が本棚にぶら下げてあるのを見つけ、何気なく手にとり気に入って購入したもの。

“よつば”という幼い女の子と、その周囲の人々の特になんということもない日常を描いた作品なのだが、ほのぼのと笑える。まだ第1巻を読み終えたところなので詳細は分からないが、主人公のよつばの過去(出自)に何か秘密がありそうだ。

    ***

先週治療した歯が痛み出した。明後日(火曜日)が次の予約なのだが、それまで持ちそうもない。明日お願いして診てもらうことにしよう。

|

« TRADOSに関する一つの問題 | トップページ | AFC U-16選手権準々決勝日本-サウジアラビア »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

小説と映画が人生の必需品、という人はもちろん多いと思いますが、マンガもそれに劣らぬ不可欠な存在です。
わが家の本棚の半分くらいはマンガかも。

投稿: baldhatter | 2008年10月27日 (月) 00時05分

私はマンガの絵の好みが少々極端なところがあり、あまりたくさんは持っていませんが、同じマンガを何度も読み返しています。
今読んでいる本を読み終えたら、『風の谷のナウシカ』をまた読み返そうと思っているところです。
そういう繰り返し読みたくなる作品というのにはなかなかめぐり合えませんね。

投稿: Jack | 2008年10月28日 (火) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/42915936

この記事へのトラックバック一覧です: マンガの効用:

« TRADOSに関する一つの問題 | トップページ | AFC U-16選手権準々決勝日本-サウジアラビア »