« 動機の説得力 | トップページ | こんなときもある »

2008年11月21日 (金)

将棋:第67期順位戦B級1組成績順位(9回戦)

本日(08年11月21日)、将棋の第67期順位戦B級1組の第9回戦、全6局の対局が行われている。

組合せは下記の通り。

▲久保利明八段(5勝2敗)-△阿部 隆八段(4勝4敗)
▲杉本昌隆七段(5勝2敗)-△高橋道雄九段(4勝3敗)
▲畠山 鎮七段(3勝4敗)-△渡辺 明竜王(4勝3敗)
▲北浜健介七段(3勝4敗)-△井上慶太八段(5勝3敗)
▲堀口一史座七段(2勝6敗)-△山崎隆之七段(3勝5敗)
▲森下 卓九段(2勝5敗)-△屋敷伸之九段(4勝3敗)
*行方尚史八段(4勝4敗)は抜け番

前回(08年10月31日、8回戦)終了時点での成績順位はこちら

今回個人的には、▲畠山鎮七段-△渡辺明竜王戦に注目している。ご存知のように、現在進行中で、将棋ファンの注目を集めている竜王戦七番勝負で渡辺は、挑戦者の羽生善治名人に出だし3連敗を喫し、4期連続で保持してきた竜王位を失う瀬戸際に追い詰められている。客観的に考えて、竜王位の防衛はかなり難しいだろう。渡辺としてはなんとしてでも順位戦の方で結果を残し、A級に上がりたい(というよりか上がらねばならない)状況にある。また今日の対局で良い将棋が指せれば、5日後の竜王戦第4局に気分よく臨める。

将棋は矢倉戦となり、途中46手目△9三桂までは、竜王戦第2局▲羽生-△渡辺戦と同じ展開に。わずか3週間余り前の負け将棋を選んだ渡辺には期するものがあるのだろう。

1  

 

 

 

 

 

 

この後、▲2五桂△8五桂▲8六銀と進み、先手が7七の銀を6六に上げた竜王戦第2局とは別の進行になった。現在は午後6時半で、夕食休憩に入っている。

22時59分、▲北浜七段-△井上八段戦が終了。92手で井上八段の勝ち。

23時44分、▲森下九段-△屋敷九段戦は105手で森下九段の勝ち。

日付が変わって21日午前0時23分、▲杉本七段-△高橋九段戦は108手で高橋九段の勝ち。

同じく0時23分、▲堀口七段-△山崎七段戦が終了し、131手で堀口七段の勝ち。

注目の▲畠山七段-△渡辺竜王戦は131手で畠山七段の勝ち(終局は0時43分)。下図は105手目に▲1一飛と打ったところ。

2  

 

 

 

 

 

 

ここから先手が寄せに行くのだが、後手も強手、妙手で応じ、白熱の攻防戦が繰り広げられる。123手目に▲2三桂成とし(下図)、後手はこの成桂を払わなければならず、その瞬間に▲4一角打の筋が生じ、勝敗が決した。

3  

 

 

 

 

 

 

勝った畠山、負けた渡辺ともに4勝4敗。渡辺はできればこの一局に勝って、竜王戦第4局につなげたかったところだが残念な結果になってしまった。

0時53分、▲久保八段-△阿部八段戦は122手で阿部八段が勝った。

9回戦終了時点での成績順位は次のようになった。

成績
順位
氏名/段位B級1組
順位
成績前回
順位
順位
変動
備 考
1 井上慶太八段 9位 6勝3敗 3  
2 久保利明八段 1位 5勝3敗 1  
3 高橋道雄九段 3位 5勝3敗 4  
4 杉本昌隆七段 11位 5勝3敗 2  
5 阿部 隆八段 5位 5勝4敗 8  
6 行方尚史八段 2位 4勝4敗 7 抜け番 
7 渡辺 明竜王 4位 4勝4敗 5   
8 畠山 鎮七段 6位 4勝4敗 9  
9 屋敷伸之九段 13位 4勝4敗 6  
10 北浜健介七段 8位 3勝5敗 10 -  
11 森下 卓九段 10位 3勝5敗 12  
12 堀口一史座七段 7位 3勝6敗 13  
13 山崎隆之七段 12位 3勝6敗 11  

|

« 動機の説得力 | トップページ | こんなときもある »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/43182770

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋:第67期順位戦B級1組成績順位(9回戦):

» 第67期順位戦B級1組9回戦・渡辺竜王vs畠山(鎮)七段 [TOEIC990点を目指す。]
JUGEMテーマ:学問・学校 第67期順位戦(毎日新聞社・朝日新聞社主催)B級1組9回戦全6局が21日に東西の将棋会館で一斉に行われた。5−2の久保利明八段と杉本昌隆七段は阿部隆八段と高橋道雄九段にそれぞ敗れ、2敗者も消える大混戦になった。暫定首位は6−3の井上慶太八段。5−3で久保、高橋、杉本が続く。渡辺明竜王は畠山鎮七段に敗れ4−4。10回戦は12月19日。 渡辺竜王が今期も苦戦している。 前期の終盤で見せた追い込みが、今期は見られない。 調子が良くないのだろうか。 ファン... [続きを読む]

受信: 2008年11月22日 (土) 20時55分

« 動機の説得力 | トップページ | こんなときもある »