« 副大統領候補 | トップページ | オリエンタルカレーCMソング »

2008年11月 7日 (金)

“田母神論文問題”に関連して

更迭された航空自衛隊の田母神俊夫元幕僚長に対して、防衛大臣が退職金の「自主返納」を求めたが、大臣が「返しなさいよ」と言って、「はいそれでは返します」ってことにはなかなかならないような気がする。

善悪は抜きにして、この田母神さんという人は“信念の人”ではある。ただ少々軽率という感は否めない。

名古屋高裁が航空自衛隊のイラク空輸活動を違憲とした判決に関して、「純真な隊員には心を傷つけられた人もいるかもしれないが、私が心境を代弁すれば大多数は『そんなの関係ねえ』という状況だ」と、お笑い芸人のギャグを引用したのは、事が裁判であり、重大な意味を持つ事柄であり、自分がその件の当事者としてきわめて重い立場にあることなどから不謹慎な発言であったし、今回の論文問題では、「政府見解は検証されるべきだ。一言も反論できないようでは、北朝鮮と同じ」と発言したが、「北朝鮮と同じ」であったら、軍の最高幹部が政府に反する見解を口にすることなどできないし、万一できたとしてもその人間が二度と人前に姿を見せることはないだろう、ということで的外れな反論である。

で、「返すか返さないか」の問題だが、今日(08年)11月7日現在で退職金はまだ支払われていないようだ。それなのに「自主返納」とは…。ここは「自主」も「返納」の語も使わず、「受取を辞退することを求める」でいいのではないか。

因みに、「つぎはぎだ」と批判された件の論文はここで読める。その内容を精査している余裕はないが、“陰謀論の寄せ集め”、“あいつらもやったことなのに、なんで俺ばかりが非難されるんだ”的発言で、これで賞金300万円かよとの思いは禁じ得ない。ま、主催者と受賞者が「懇意の仲」というのでは「厳正な審査」も大分割り引いてみる必要があるだろう。

しかし、制服組の最高幹部がこういう思想を持ち、それを公然と発表することを赦してしまうようでは、日本のシビリアンコントロールの実効性も大いに疑問である。また、自衛隊内部には今なお旧日本軍への“憧憬”や“同族意識”が残っていて、それがこうした恣意的な過去の美化に結び付いているのではないだろうかと危惧する。

|

« 副大統領候補 | トップページ | オリエンタルカレーCMソング »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/43038848

この記事へのトラックバック一覧です: “田母神論文問題”に関連して:

« 副大統領候補 | トップページ | オリエンタルカレーCMソング »