« 神奈川県立高校生11万人分の情報流出 | トップページ | 将棋:第21期竜王戦第3局1日目 »

2008年11月12日 (水)

定額給付金:「後はよきにはからえ」

「国民1人当たり1万2,000円、18歳以下と65歳以上は8,000円加算」という「定額給付金」なるものが与党間で合意されたらしい。

ただし、年収1,800万円以上の高額所得者には「自主的に辞退してもらう」とか。しかも、その「自主的辞退」を実施するための具体的な方法については地方自治体に任せるという。まるで、「後はよきにはからえ」のお殿様である。

そもそも、これは景気浮揚策として「定額減税」ということでスタートしたのではなかったろうか。それがいつの間にか「給付金」になり、「全世帯」対象だったのが「高額所得者はご遠慮願いたい」と相成った次第。

まず1世帯あたり6万円前後の給付金で景気刺激になるのかという疑問がある。既に首相は(条件はあるものの)「3年後の消費税率引上げ」を公表しており、多くの人が「それじゃ少しでも蓄えに回そう」と思うのではないか。

もっとも使う可能性の高い「高所得層」を除外するというのも、「景気刺激」の観点からすれば奇妙である。

要するに「減税」では自民党支持層へのアピール力に欠けるので、こんな捩じくれた結果になったのだろう。

民主党の言い分が常に正しいとは思わないが、今回の「給付金」に関しては首相の腰が据わっていない上に、有権者の歓心を買うための選挙対策だという見解に賛成する。

インタビューを受け「私は釈然としていない」と言い放った鳩山邦夫総務大臣の憮然とした表情が、「殿のご乱心」を如実に物語っていた。

|

« 神奈川県立高校生11万人分の情報流出 | トップページ | 将棋:第21期竜王戦第3局1日目 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/43094117

この記事へのトラックバック一覧です: 定額給付金:「後はよきにはからえ」:

« 神奈川県立高校生11万人分の情報流出 | トップページ | 将棋:第21期竜王戦第3局1日目 »