« 「知らぬは損介」の例 | トップページ | 似て非なるもの再び »

2008年12月26日 (金)

将棋:第67期順位戦A級成績順位(6回戦)

昨日(08年12月25日)、第67期将棋A級順位戦6回戦最後の1局、▲深浦康市王位-△佐藤康光棋王戦が行われ、197手で深浦王位が勝った。

A級6回戦全局の勝敗と成績順位は次の通り(前回の成績順位)。

  【勝】    【負】
▲谷川浩司九段―△三浦弘行八段
▲木村一基八段―△鈴木大介八段
△森内俊之九段―▲藤井 猛九段
▲郷田真隆九段―△丸山忠久九段
▲深浦康市王位―△佐藤康光棋王

成績
順位
氏名/段位A級
順位
成績前回
順位
順位
変動
備 考
1 森内俊之九段 1位 4勝2敗 1 -  
2 郷田真隆九段 3位 4勝2敗 3  
3 三浦弘行八段 2位 3勝3敗 2  
4 丸山忠久九段 4位 3勝3敗 4 -  
5 木村一基八段 5位 3勝3敗 6  
6 谷川浩司九段 7位 3勝3敗 8  
7 佐藤康光棋王 8位 3勝3敗 5  
8 深浦康市王位 10位 3勝3敗 10  
9 藤井  猛九段 6位 2勝4敗 7  
10 鈴木大介八段 9位 2勝4敗 9  

新聞の観戦記をはじめとして、あちらこちらで取り上げられていることだが、今期のA級順位戦は稀に見る大混戦となっている。上記の表のように6回戦が終った段階で、2敗者がわずかに2名で、6名が3勝3敗の五分、2名が4敗である。

即ち、まだ全員に降級の可能性があるということだ。ただし名人位への挑戦となると、さすがに5勝4敗ということは考えられず、現時点で4敗している藤井と鈴木は苦しいだろう。

2敗者が有利であることは当然だが、現在1位と2位の森内と郷田が次の7回戦で対戦することになっている。つまりいずれかが3敗目を喫するので、ここでの勝者は挑戦権へと大きく近づくことになる。

そんな中で現在3勝3敗で3位に付けている三浦が森内、郷田との対戦を残していて、残り3局を全勝すれば挑戦権獲得ないし少なくともプレーオフの可能性がある。前期は星1つの差で挑戦権を逃した三浦である。今期は念願のA級優勝、名人への挑戦を実現させたいところだ。

8回戦の組合せと日程は次の通り。

2009年1月8日
▲森内九段-△郷田九段
▲鈴木八段-△深浦王位

2009年1月15日
▲丸山九段-△藤井九段

2009年1月16日
▲三浦八段-△佐藤棋王

2009年1月21日
▲谷川九段-△木村八段

 

|

« 「知らぬは損介」の例 | トップページ | 似て非なるもの再び »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/43537828

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋:第67期順位戦A級成績順位(6回戦):

« 「知らぬは損介」の例 | トップページ | 似て非なるもの再び »