« 年賀ハガキの謎 | トップページ | 将棋:第67期順位戦B級1組成績順位(10回戦) »

2008年12月21日 (日)

クラブW杯:マンチェスターUが優勝

サッカーのクラブワールドカップはヨーロッパチャンピオンのマンチェスター・ユナイテッドが1-0で南米チャンピオンのリガ・デ・キトを破ってクラブ世界No.1に輝いた。欧州王者と南米王者が1試合で雌雄を決する形だった前身のトヨタカップから今の形式に移行して以来、これでヨーロッパ2勝、南米2勝となった。

ウェイン・ルーニーというのは不思議な選手である。自チームでプレーするときは(今日もそうだったが)落ち着いていて、普通なら決まらないだろうと思えるようなシュートを見事に決める。おそらく今日の決勝ゴールの場面、ルーニーから見たら、相手DFとゴールキーパー、それにゴールポストの位置関係から、スペースといえるのはボール1~2個分のほんのわずかなものしかなかったはずだ。それをインサイドでコントロールしつつ、しかも相手ゴールキーパーが届かないほどの強いシュートを一瞬にして決める。凄いプレーヤーである。

それなのに大きな大会でイングランド代表としてプレーすると、とたんに自制の利かない荒いプレーヤーになってしまう。今日のプレーなどを見ていると、前回のドイツ・ワールドカップで見せたような荒っぽいプレーが信じられない気がする。彼がどんな状況でも自分をコントロールすることができるようになったら、超一流フットボーラーの仲間入りも夢ではないだろう。

昨年に続き、今年も日本代表が3位になった。昨年の浦和レッズもそうだったが、今年のガンバ大阪も自分たちのプレースタイルを貫いての勝利だった。世界トップとはまだまだ力の差があるが、2番手、3番手グループには迫りつつあるといえる。

来年からは開催地が日本を離れUAEになる。これまでと違い、アウェーとは言えないまでも、“ホームではない”環境での戦いで果たして結果を残せるか…。日本サッカーの力が試されることになる。もっともその前にアジアチャンピオンとなって出場権を獲得することが先決である。

ところで、知っている男の子が今日の試合で担架係を務めた。この位の規模の大会になるとウェアはすべて支給され、記念にもらえるのが普通である。今回はどうだったか、機会があったら聞いてみよう。

|

« 年賀ハガキの謎 | トップページ | 将棋:第67期順位戦B級1組成績順位(10回戦) »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/43490228

この記事へのトラックバック一覧です: クラブW杯:マンチェスターUが優勝:

» トヨタカップ グッズ [YouTube動画ニュース]
師走の休日の過ごし方 ... 今のように世界中の各地域から代表が 出てくるようになったのはつい最近のことで、 それ以前は”トヨタカップ”ということで、ヨーロッパと、南米の代表が 長い間戦ってきました サッカーの実力はその歴史と比例してこの2地区が抜きんで ...(続き..... [続きを読む]

受信: 2008年12月22日 (月) 01時12分

« 年賀ハガキの謎 | トップページ | 将棋:第67期順位戦B級1組成績順位(10回戦) »