« ゲロルシュタイナー | トップページ | “指先同期” »

2009年1月25日 (日)

大相撲初場所:朝青龍優勝

朝青龍--かつて、これほど相撲協会に嫌われながら相撲ファンに好かれている横綱はいなかった。

3場所休場し進退を懸けて臨んだ初場所、朝青龍が登場するたびに館内に大歓声が沸き起こった。しかも14勝1敗という文句なしの成績で優勝を果たし、引退云々の声を実力で抑えつけてしまった。まさに役者が違うといった感がある。

横綱同士の優勝争いとなり、本割は白鵬が立会いで“後の先”を取る格好になり完勝。優勝決定戦では朝青龍が左回しを素早く取り、頭をくっつけるという我武者羅な相撲で圧勝。この結果から見る限り、現在この両者の力は拮抗していると言える。朝青龍が大怪我でもしない限り、この状況はあと1、2年続くのではないだろうか。

この両横綱は性格や言動を含めてあらゆる面で正反対であり、それがまた相撲にも反映され、土俵を面白くしている。当然両者ともその点を意識し、互いをライバル視している。朝青龍がいなかった間、白鵬があれほど気魄を露わにした相撲を取ったことはなかったし、テレビの視聴率も明らかに低かった。かつての柏鵬時代からそうであるように、両雄が相争う時、土俵は活気付く。

とはいえ、横綱としての品格や行状をめぐっての朝青龍と相撲協会との軋轢は今後も続いて行くのだろう。ただ相撲協会周辺の中途半端でありながら執拗な朝青龍バッシングを見ていると、或いは隠れた策士がいて、その諍いすらも織り込んで、相撲人気の増進を目論んでいるのではないかとも疑いたくなってくる。そして、それが策であるのならば、狙いはある程度成功していると言えるだろう。その意味では、(決して朝青龍の態度・行動を全面的に支持するつもりはないが)相撲取りとして得がたいこのタレントを相撲協会は(甘やかすというのではなく)大切にするべきだろう。

朝青龍のいない大相撲はわさびが抜けた寿司みたいなもんだと感じるのは私だけではないと思う。

|

« ゲロルシュタイナー | トップページ | “指先同期” »

その他」カテゴリの記事

コメント

テレビもスポーツもあまり見ない私でさえ、今日の千秋楽は見てました。

大相撲って、東西の横綱のタイプや性格が違っているほど盛り上がりますよね。私がそのひとつとして記憶しているのは、北の湖 - 千代の富士時代(80年代初頭?)。

投稿: baldhatter | 2009年1月26日 (月) 01時16分

> 北の湖 - 千代の富士時代

きゃぁ~!この二人なら私も知ってます! 高見山とか若高のお父さんとかもいた時代ですよね。
(若高には見向きもしなかったんですけど)
ウルフの頑張り屋さん(努力家)なところが好きでした。

投稿: pompon | 2009年1月26日 (月) 23時37分

>テレビもスポーツもあまり見ない私でさえ、今日の千秋楽は見てました。

迫力のある「ゼニの取れる相撲」でしたよね。
朝青龍がいなくなったら、相撲協会はどうするつもりなんでしょうか。
白鵬一人では厳しいと思うのですが…。

投稿: Jack | 2009年1月27日 (火) 00時06分

>ウルフの…

「ウルフ」、懐かしいあだ名ですね。そう言えば、あの横綱も
何かと物議を醸すことがありましたね。親方になってからは
比較的おとなしくなりましたが。

投稿: Jack | 2009年1月27日 (火) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/43855238

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲初場所:朝青龍優勝:

« ゲロルシュタイナー | トップページ | “指先同期” »