« 麻生総理の政治家としての“矜持”に疑問 | トップページ | 眠る猫 »

2009年2月 7日 (土)

将棋:第67期順位戦B級1組成績順位(12回戦)

昨日(09年2月6日)、将棋第67期順位戦B級1組第12回戦が行われた。結果は次の通り。

      【勝】      【負】   (手数、 終局時刻)
△行方八段-▲森下九段 (76手、午後8時49分)
▲渡辺竜王-△屋敷九段 (95手、午後9時12分)
△堀口七段-▲阿部八段 (146手、午後11時52分)
▲高橋九段-△北浜七段 (121手、7日午前0時36分)
△畠山七段-▲杉本七段 (114手、7日午前0時40分)
△井上八段-▲久保八段 (152手、7日午前1時5分)
山崎七段は抜け番

12回戦の結果、成績順位は次のようになった(前回の成績順位)。

成績
順位
氏名/段位B級1組
順位
成績前回
順位
順位
変動
備 考
1 井上慶太八段 9位 8勝4敗 2 昇級 
2 高橋道雄九段 3位 7勝4敗 4 残留確定 
3 杉本昌隆七段 11位 7勝4敗 1 残留確定 
4 久保利明八段 1位 6勝5敗 3 残留確定 
5 行方尚史八段 2位 6勝5敗 5 - 残留確定 
6 渡辺 明竜王 4位 6勝5敗 6 - 残留確定  
7 畠山 鎮七段 6位 6勝5敗 8 残留確定 
8 阿部 隆八段 5位 5勝6敗 7 残留確定  
9 山崎隆之七段 12位 5勝6敗 10 今回抜け番 
10 屋敷伸之九段 13位 5勝6敗 9   
11 堀口一史座七段 7位 4勝7敗 12  
12 森下 卓九段 10位 4勝7敗 11  
13 北浜健介七段 8位 3勝8敗 13 - 降級 

昨日は午前中から出かけ、夜8時頃に帰宅。午後9時近くになってようやくPCの前に坐り、早速名人戦棋譜速報にアクセスしたところ、既に▲森下九段-△行方八段戦は終了していた。矢倉戦という得意戦法で、▲3五歩という新手を用意していた森下だったが、どうもその新手が不発で、行方の巧みな指し回しに敗勢に追い込まれ、良いところなく敗れ去った。

その▲森下九段-△行方八段戦の棋譜を初手から再生して見ている間に、▲渡辺竜王-△屋敷九段が終了。勝った渡辺だが、既に行方が勝っていたため昇級の可能性がなくなった。

続いて午前0時少し前に、▲阿部八段-△堀口七段戦が終了。昨年体調不良で不戦敗を喫した堀口が矢倉戦で先手の早囲いを許すなど、相手の言い分を黙って受け容れてばかりいる展開に体調が万全ではないのかと少々心配になったが、先手の攻めが途切れた瞬間に、わずかな駒得から攻撃の足掛かりを作り、長手数の乱戦を制した。どうやら体力面も問題ないようだ。

午前0時半を過ぎて▲高橋九段-△北浜七段戦が終了。勝った高橋は昇級の可能性を残したが、敗れた北浜は6期守ったB級1組から陥落が決定。

それからほどなく▲杉本七段-△畠山七段戦が終了。杉本は勝っていれば昇級が決定していたかもしれない一番を逃した。畠山は残留が決定した。

最後まで残った▲久保八段-△井上八段戦の終局は午前1時過ぎ。

その対局の中盤戦、図は後手玉が上部に脱出を図ったところ。我々クラスならここで▲6一飛成ぐらいでも相当に怪しい雰囲気になるところだが、棋譜速報では『「かなり井上先生の昇級が近づいてきました」と検討陣』とのコメント。プロの大局観とのあまりの違いにただただ沈黙…。

B1121  

 

 

 

 

 

 

 

 

本譜ではこの後久保が粘り強さを発揮し、井上に緩手も出て混沌とした局面に。やがて135手目に先手が▲6六桂と相手の成銀を取ったのが下図。

B1122  

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから井上が先手玉を見事即詰みに討ち取るのだが、その手順中、今から50手以上も前の80手目に先手の飛車を取った後じっと動かずにいた8一の金が最後の一太刀を浴びせる役目を担うことになる。その手順を以下に記す。

上図からの手順
      △5九角打
▲2七玉 △5七飛成
▲1六玉 △2六角成
▲同 玉   △2五金
▲同 玉   △2七龍
▲3五玉 △2五金
▲3四玉 △3六龍
▲4三玉 △3二龍
▲5三玉 △4二龍
まで(投了図)

B1123  

 

 

 

 

 

 

 

 

これで井上は10期ぶりのA級復帰となった。立派である。過去にそんな例があるのかどうかは分からないが、極めて異例なことであるのは間違いない。井上はこれでB級1組順位戦全12局を終了、次回は抜け番となる。気持ちよく“春休み”を迎えることができるだろう。

昇級の残り1枠に権利を残すのは、成績順位5位の行方まで。

1. 高橋は勝てば昇級、負けた場合は昇級はない。
2. 杉本は勝って、高橋が負けると昇級。負けた場合、昇級はなくなる。
3. 久保は勝って、高橋、杉本の2人が負けた場合にのみ昇級となる。
4. 行方も勝って、杉本と久保の2人が負けた場合にのみ昇級となる。

降級は北浜が決まり、もう1名は山崎、屋敷、堀口、森下のいずれかとなる。

なお今回はネット中継担当の「翔」記者が、昇降級の予想表を作り公開したが、これはヒットだった。

B1  

 

 

 

 

 

 

1局、1局と結果が出るたびに表から“パターン”が1つずつ消されて行く。こういう工夫も、対局と連動してリアルタイムで動くネット中継ならではの面白さだと言える。作る方は大変だろうが、見る側としては大変興味深く見ることができた。今後もこうした工夫を期待したい。

B級1組の最終13回戦は09年3月13日に予定されており、組合せは下記の通り。
▲行方八段-△高橋九段
▲屋敷九段-△杉本七段
▲堀口七段-△久保八段
▲山崎七段-△渡辺竜王
▲北浜七段-△森下九段

|

« 麻生総理の政治家としての“矜持”に疑問 | トップページ | 眠る猫 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/43987570

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋:第67期順位戦B級1組成績順位(12回戦):

« 麻生総理の政治家としての“矜持”に疑問 | トップページ | 眠る猫 »