« 復活予言 | トップページ | 村上春樹のスピーチ全文を求めて »

2009年2月17日 (火)

ドイト閉店

Photo日曜大工用品、園芸用品などを扱うホームセンター『ドイト』という店がある。関東の1都2県に店舗を展開していたのだが、先頃神奈川県からは完全に撤退してしまった。

以前は、横浜、藤沢、大和の3ヶ所にあったドイトだが、一昨年まず横浜の店が閉店となり、昨年末で藤沢店、そして一昨日(09年2月15日)で大和店が営業を終え、神奈川県の店舗はゼロとなった。

このドイトという店は、1972年埼玉県与野市(現さいたま市中央区)に第1号店がオープンし、それが日本初のDIYショップだったと言われている。その与野店には、以前私も数度行ったことがある。決して大きな店構えではないが、他では取り扱っていないような商品も多く、当時“Do It Yourself”というコンセプトを持ち込んだ店というのが納得できる品揃えだったと記憶している。

東急ハンズ同様、ドイトの店員も高い専門知識を持っていて、工作方法や工具の取扱などについて随分と教えてもらった。また「レンタル工具」というサービスがあって、一般家庭ではめったに使わないディスクグラインダーなどの高価な工具を1泊500円程度で借りることができ、それもまた便利で利用させてもらった。

ここ数年若干マイナス傾向にあるものの、比較的順調に売上を伸ばしてきたDIY業界ではあったが、ドイトは他店との競争激化、店舗面積の大型化、商品の多様化といった流れに対応し切れなかったことから経営不振に陥り、一昨年ディスカウントストアの「ドン・キホーテ」による支援を受け、その後完全子会社化されていた。

Diy [日本DIY協会の公表資料より]

 

 

 

 

 

ドイト藤沢店と大和店のあとには、そのドン・キホーテが入ることになっているそうだ。

私が住んでいる地域には、以前「DIYホームセンター・アクト」という店もあったが、こちらも一昨年、神奈川県内にあった全店舗を閉鎖し、業界から完全撤退してしまった。

DIYやHCというのは取り扱うのが日常の必需品ではなく、客単価もさほど高くないため、業者間の競争で後れを取ると途端に経営が苦しくなるものなのだろうか。数年前から経営が苦しかったのだろうが、そこに今回の世界同時不況が追い討ちをかけたという面もあるのだろう。

とにかく、これでDIY用品を買うには大分遠くまで行かなければならなくなった。最後に大和店に電話をかけ、閉店のことを知らされた時、私が「めちゃめちゃ不便になるんだけど」と言ったところ、応対した女性が「うちもめちゃめちゃ売れませんでしたから…」と応じ、2人して電話口で笑ったが、再就職もままならない情勢下、あの人は引き続きドン・キホーテで働くことができるのだろうかと、ふと気になった。

|

« 復活予言 | トップページ | 村上春樹のスピーチ全文を求めて »

その他」カテゴリの記事

コメント

たしかに、「一頃は DIY と言えばドイト」でしたよね。
DIY ショップ、大好きです。材料を買えば簡単な加工ならその場で頼めるし、既製品のネジ類も、不足があれば同等品を探せるし(探してくれるし)。

投稿: baldhatter | 2009年2月17日 (火) 20時12分

>材料を買えば簡単な加工ならその場で頼める

そうそう、このサービスは便利ですよね。特に木材の曲線切りなんかは
自分でやると惨めな結果になったりしますから。
ところが、私が住んでいる地域では、これができる店がほとんどなくなって
しまいました。とっても不便です。

投稿: Jack | 2009年2月18日 (水) 09時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/44093273

この記事へのトラックバック一覧です: ドイト閉店:

« 復活予言 | トップページ | 村上春樹のスピーチ全文を求めて »