« 村上春樹のスピーチ全文を求めて | トップページ | 将棋:第58期王将戦第4局 羽生が勝ち2勝2敗に »

2009年2月19日 (木)

半影月食とダイヤモンドリング

 【JAXAが発表した“ダイヤモンドリング”の動画】

baldhatterさんのところにうかがって知ったのだが、月周回衛星「かぐや」が半影月食による「ダイヤモンドリング」の映像を撮影していた。

半影月食(はんえいげっしょく)とは「太陽、地球、月がほぼ一直線に並び、月が地球の半影(月から見て太陽が地球により一部隠されて(部分食)見える)に入る現象」(JAXAサイトより)であり、通常、地球から見た場合、半影月食は(皆既月食などとは異なり)ほとんど変化がなく、よほど天文観測に興味のある人でないと分からないと言われている。

20090218_kaguya_3  

 

 

 

 

 

人類はほんの100年前には夢にも考えられなかった“視点”から宇宙を見ることができるようになった。これはやはり人類叡智の精華であり誇りにしてよいものだろう。

やがて人が月で暮らすようになると、こうした現象を自分の目で見ることになるのだが、そうなると、我々が稀に珍しい形の雲を発見したときぐらいの感興しか覚えなくなるのだろうか。それとも、その時期に合わせて何か祝祭でも催すのだろうか。

今月に人が住んでいたら、今年その人はあと2回この“ダイヤモンドリング”を見ることができただろう。

|

« 村上春樹のスピーチ全文を求めて | トップページ | 将棋:第58期王将戦第4局 羽生が勝ち2勝2敗に »

宇宙」カテゴリの記事

コメント

動画があったんですね。リンクを見落としてました~。

SF 映画そのまんまの画像が、特殊撮影などではなく見られる時代になったんですね。もしかたら、初めて「21世紀」を実感できたかもしれません。

投稿: baldhatter | 2009年2月19日 (木) 12時25分

今日(厳密には昨日)は出かけていて、日付が変わる直前に帰宅。返事が遅れました。

>初めて「21世紀」を実感できたかもしれません。

この気持ち、すごくよく分かります。
私などには、「2001年」になったとき同様、(ちょっと古いです)まさに「あの頃の未来に、僕らは立っている」んだという思いがします。

投稿: Jack | 2009年2月20日 (金) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/44109507

この記事へのトラックバック一覧です: 半影月食とダイヤモンドリング:

« 村上春樹のスピーチ全文を求めて | トップページ | 将棋:第58期王将戦第4局 羽生が勝ち2勝2敗に »