« “Party in My Library”に新エントリー | トップページ | 喜びのロングテール »

2009年2月28日 (土)

春はそこまで

09横浜周辺は、ここ数日寒い日が続いている。

でも春は確実に近づいてきていて、庭の沈丁花が今にも香がただよってきそうなほどに開いている。これで少し気温が高くなれば、春の到来を告げるあの芳香を一気に放つようになるのだろう。

以下は、昨2008年2月に会員制翻訳者ネットワーク“Amelia”に投稿したエッセイ。手前味噌で恐縮だが、自分が書いたものでは好きな文の一つである。

春じたく


わが家には猫の額にも満たない狭い庭がある。植栽が数本と歴代のハムスターのお墓があるだけの小っぽけな空間で、日当たりも決して良くない。それでも季節は手抜きせず、そんなポケットハンカチーフ・ガーデンにも春を届けてくれる。


数本しかない植栽の1本が沈丁花で、12月頃から花芽を結び、1月になると徐々にふくらみを増し、2月にはかなりの大きさになる。今年は積もる量こそ少ないが、雪が頻繁に降り既に4回を数えている。なのに気のせいか昨年よりも蕾の生長が早いように思える。


去年の今頃は娘の高校受験で、まさに「春を眺める余裕もなく」日々を過ごしていたが、今年は、日の出の時刻が徐々に早くなる様や、日ごとに明るくなる日差しに季節の変化を見い出し、楽しんでいる。暖かくなったら、室内に入れてある観葉植物を植え替えよう。3月には息子の卒業式もある。そろそろ着て行くスーツの心配もしないといけないな。


 あんな小さな つぼみの中に
 お花たたんで 入れてあるの
 誰がたたむの お花たたむの
 春のおしたく 誰がするの
     「つぼみ」葛葉国子

明日から3月―

|

« “Party in My Library”に新エントリー | トップページ | 喜びのロングテール »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

去年のJackさんのブログで同じ沈丁花の写真をみると、お花の色が違うのかなと思いましたが、よ~くみるとつぼみの状態だったのですね。今年は去年より2週間くらい遅い開花でしょうか。

投稿: pompon | 2009年3月 4日 (水) 00時02分

実は開き始めたのはだいぶ前だったのですが、その後動きが完全にストップ。ようやく一昨日、匂いがしました。近くにある幼稚園では桃が花盛り(といっても4日前のこと)。今度、カメラを持って行って撮影してこようと思いつつ、ついうっかりと忘れてしまうんですよね。

投稿: Jack | 2009年3月 4日 (水) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/44205400

この記事へのトラックバック一覧です: 春はそこまで:

« “Party in My Library”に新エントリー | トップページ | 喜びのロングテール »