« 将棋:第67期順位戦A級成績順位(8回戦) | トップページ | 将棋:第67期順位戦B級1組成績順位(12回戦) »

2009年2月 6日 (金)

麻生総理の政治家としての“矜持”に疑問

麻生総理大臣が閣僚として賛成した郵政民営化に、実は自分は賛成ではなかったんだと“暴露”発言をしたそうだ。

この人に政治家としての“矜持”はないのだろうか。

asahi.comの記事から

首相はさらに、自ら総務相を務めていた小泉内閣で民営化を決めたことについて、「賛成ではなかったが、内閣の一員だから最終的に賛成した。(民営化)担当(大臣)は、私は反対だとわかったので外された。担当相は竹中さんだということは、ぜひ記憶して」と述べた。

「内閣の一員だから最終的に賛成した」とは、即ち閣僚を辞してまで一政治家としての信念を貫くことはしなかったのであり、自分の信念より大臣の椅子の方が大事だったということを“自白”したようなものだ。

「担当相は竹中さんだということは、ぜひ記憶して」とは、「あれは私の責任じゃないってことを忘れずに」と言いたいのだろうが、「内閣の一員」として賛成したということで十分責任がある。

その「4分社化が効率的かどうか見直す時期にきている」というのも、自分たちが作り出した制度の効果・効率に異議を唱えるというのは自分の履歴書に唾するようなものだ。

こういう発言をするということに、どこかあさましさを感じる。まさに、「人間、それを言っちゃあおしまいよ」である。

|

« 将棋:第67期順位戦A級成績順位(8回戦) | トップページ | 将棋:第67期順位戦B級1組成績順位(12回戦) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

さあ、はたして「矜恃」はなんとお読みになるでしょう。
1. きんじ
2. えりじ
3. きんでら

投稿: baldhatter | 2009年2月 7日 (土) 10時18分

「ほこまち」なんてのもありそうですね^^

投稿: Jack | 2009年2月 7日 (土) 23時53分

白状します。「キンジ」と読んで良いものかどうか判断できず、国語辞典にコピペしました。(キョウジィ)(^-^;

投稿: pompon | 2009年2月 8日 (日) 03時40分

「矜恃」は、今主催団体が儲けすぎで注目を集めている漢検では1級の書き取り問題のようです。
確かに簡単な漢字ではありませんね。

投稿: Jack | 2009年2月 8日 (日) 17時37分

「さもしい」「あさましい」
次の形容詞はなんでしょう?

投稿: pompon | 2009年2月 9日 (月) 11時51分

今日(2月9日)午前中の衆議院予算委員会で、「私が郵政民営化に反対だったのは小泉も知っていた…小泉総理も知っていた」、「その後2年ほど勉強して最終的には賛成した」といった趣旨の答弁をしていましたが、いみじくも、「小泉」と呼び捨てにしたことや、「最終的には賛成した」ことを今になってとやかく言うことに、この人の人品の卑しさが浮彫りになったと思います。
それでも政治家として有能ならば、問題はないのですが、政治的能力についても大いに疑問を感じざるを得ません。
どこの国でもいいから、「優秀な政治家」を日本に輸出してくれませんかね。

投稿: Jack | 2009年2月 9日 (月) 14時54分

> 「優秀な政治家」を日本に輸出

いいですねぇ~これ。でも、
「優秀な政治家」というのが今の「地球」にいるのかなあとも思います。
品のある人はいくらもいますけど。学歴とかに関係なく。

日だまりに丸くなってる猫の方が品があったりして。

投稿: pompon | 2009年2月 9日 (月) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/43975062

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生総理の政治家としての“矜持”に疑問:

« 将棋:第67期順位戦A級成績順位(8回戦) | トップページ | 将棋:第67期順位戦B級1組成績順位(12回戦) »