« 美しさを愛でて後の梅の写真 | トップページ | 横浜開港150周年 »

2009年3月24日 (火)

イチローの決勝打

今日(09年3月24日)は午前中から外出し、東京へ行った。

今日の関東地方は気温が低かったのだが、日本橋界隈を歩いていると入口の自動ドアが開きっぱなしの店があった。看板を見るとそこは「Docomoショップ」。店の中は黒山の人だかり。好奇心が強い性質(たち)のため素通りすることができず、店の中に入ってみると全員の視線が大型テレビに向けられていた。

そう、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の決勝日本vs韓国戦だった。

野球に興味がないことは、ここでも再三書いたことだが、せっかくだからとしばらく観てゆくことにする。

スコアは3-3の同点で、イニングは10回表。走者が2人出て、日本は代打を送ったが、その選手は初球を打ち上げてしまい、2アウトになった。そこで迎えたのがイチロー選手。解説者も言っていたが、途中盗塁があって1塁が空いたので敬遠するかなと思ったが、韓国は勝負を選ぶ。何球かファウルした後、イチローが鮮やかにセンターへ打ち返し、走者2人がホームインして5-3に。イチローがヒットを打った瞬間、店内でテレビを観ていた人たちから大きな拍手と歓声が沸きあがった。

イチローが打って日本がリードしたのを見届けて店を出たが、結局そのままのスコアで試合が終り、日本はWBC 2連覇を果たした。

店にいた時間は10分あまり。それでも(試合後のインタビューで原監督が「生涯忘れられない」とまで言った)イチローの決勝打を見ることができ、何だか得したような気持ちになった。

今大会、本調子ではなかったイチローは試合後、「苦しくて、つらくて、痛みすら感じた」と言っていたが、そんな状態であの場面でバッターボックスに立った時の心境は、我々素人が想像するような「無の境地」ではなく、「ここで打ったらもてるだろうなぁ」とか視聴率のことなど「めちゃめちゃいろんなことを考えて」いたというのだから、現実は面白い。

|

« 美しさを愛でて後の梅の写真 | トップページ | 横浜開港150周年 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

私も野球はほとんど興味がないのですが、今回の日本チームの優勝を、なんだか韓国紙が非難していると報道されていますね。
そーゆーのを見ていると、興味以上に「スポーツ愛国心」のかけらもない私としては、「外交上の波風が立たないように、野球の勝ちぐらい譲っちゃえばいいのに」と思ってしまいます。

投稿: baldhatter | 2009年3月25日 (水) 22時02分

>「スポーツ愛国心」のかけらもない

どちらかと言えば、「愛国心」を「スポーツ」でしか感じられない(^^)私などからすると、
ちょっとびっくりなんですが、よくよく考えたらいました身近にもそういう人が。
サッカーも野球もオリンピックもクールに、「ああ、やってたのね」という雰囲気の
反応しか示しません。
でもその人も、先年ディープインパクトがフランス凱旋門賞に挑んだ時は、もの
すごく熱い声援を送っていました。あれはなに愛国心って言えばいいのかな。

投稿: Jack | 2009年3月26日 (木) 15時53分

> 「ああ、やってたのね」という雰囲気

あはは。私がまさにそれです。
ほんとうに純粋にスポーツだけが独立しているんならいいんですけど、オリンピックとか WBC とかサッカーのワールドカップとか、どうしてスポーツ選手が国を背負って競わなきゃいけないのか、がよくわからないんですね、

投稿: baldhatter | 2009年3月26日 (木) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/44456975

この記事へのトラックバック一覧です: イチローの決勝打:

« 美しさを愛でて後の梅の写真 | トップページ | 横浜開港150周年 »