« 将棋:第67期順位戦B級1組最終成績順位(13回戦) | トップページ | 旧住友家俣野別邸焼失 »

2009年3月15日 (日)

耐えた水仙

5

昨日未明の風雨に耐えた水仙。今日はちょっと誇らしげ。

水仙を見ていて、こんな歌を思い出した。

Seven Daffodils

I may not have mansion, I haven't any land
Not even a paper dollar to crinkle in my hands
But I can show you morning on a thousand hills
And kiss you and give you seven daffodils.

I do not have a fortune to buy you pretty things
But I can weave you moonbeams for necklaces and rings
And I can show you morning on a thousand hills
And kiss you and give you seven daffodils.

Oh, seven golden daffodils all shining in the sun
To light our way to evening when our day is done
And I will give you music and a crust of bread
And a pillow of piney boughs to rest your head.

A pillow of piney boughs to rest your head...

|

« 将棋:第67期順位戦B級1組最終成績順位(13回戦) | トップページ | 旧住友家俣野別邸焼失 »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

大丈夫だろうなとは思っていたのですが、やっぱり心配でした。
Jackさん、ありがとうございます。
それからアメリアの掲示板でブログの案内してくださってありがとうございました。

投稿: pompon | 2009年3月15日 (日) 14時34分

久しぶりに聞きました、この歌。
Brothers Four ですよね。ストレートにきれいな歌声です。

投稿: baldhatter | 2009年3月15日 (日) 16時47分

pomponさん

>大丈夫だろうなとは思っていたのですが

仰るとおり、植物って強いですね。あんなに細い茎なのに
風に倒されませんでした。

>ブログの案内してくださってありがとうございました

あの方が書いたフランス語はフランス人も手直しするところが
ないと言ったぐらいです。当然ながら文学や哲学の造詣も深く、
飲むほどに酔うほどに面白い話がどんどん出てきます。
これからのブログの展開、私も楽しみにしているところです。

baldhatterさん

>ストレートにきれいな歌声です。

そうですね、まさに「二枚目の声」でしょうか。この歌は、兄が
持っていたLP(古い!)に入っていたのを聞き、一生懸命
耳コピして覚えた、2番目か3番目に弾き語りできるように
なった英語の曲です(1番目は『花はどこへ行った』でした)。
今聞き返すと、正統派ラブソングって感じですね。

投稿: Jack | 2009年3月15日 (日) 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/44352991

この記事へのトラックバック一覧です: 耐えた水仙:

« 将棋:第67期順位戦B級1組最終成績順位(13回戦) | トップページ | 旧住友家俣野別邸焼失 »