« 中原誠将棋十六世名人引退 | トップページ | こんな日は早仕舞い »

2009年3月12日 (木)

また、また、また、また延期

Photo日本人宇宙飛行士若田光一さんが搭乗するスペースシャトル“ディスカバリー”(STS-119)の打上げが、(09年)3月16日(日本時間)以降に延期された。

燃料タンクへの液体水素注入中に水素ガスの漏れが見つかったための措置だった。

これで5回目の打上げ延期。いくら精神的、肉体的にタフな宇宙飛行士でもこう度々打上げが延期されてはストレスが相当たまっているのではないかと心配になる。

それと若田さんは今回、国際宇宙ステーションに3ヶ月間滞在する予定だが、打上げが延期されたことでそのスケジュールにも狂いが生じてくるのではないだろうか。

しかしまずは安全が第一。今回の水素ガス漏れは爆発にもつながる可能性があるとのことで、徹底した修理を優先させてほしい。

写真は、ケネディ宇宙センター39A発射台に据えつけられた“ディスカバリー”と月(現地時間3月11日未明)

|

« 中原誠将棋十六世名人引退 | トップページ | こんな日は早仕舞い »

宇宙」カテゴリの記事

コメント

何者かの陰謀ですかか、と言いたくなるような展開ですが、見方を変えてみれば、「よく毎回、重大事故につながりかねないエラーをちゃんと検出できたなぁ」と感心もします。

投稿: baldhatter | 2009年3月13日 (金) 11時05分

>見方を変えてみれば、「よく毎回、重大事故につながりかねないエラーを
ちゃんと検出できたなぁ」と感心もします。

同感です。やはり、「チャレンジャー」、「コロンビア」の苦い経験が活かされて
いるということでしょうね。
「ディスカバリー」は1984年(ロサンゼルス五輪の年)の初飛行から既に
24年が経過し、設計時の耐用年数を超えているとも言われています。
映画『ライトスタッフ』の時代にはかなりきわどいこともしていたようですが、
今では宇宙飛行士の大半が民間人で、アメリカ以外の国籍の者もいて、
いきおい慎重にならざるを得ない面があるんでしょうね。

投稿: Jack | 2009年3月14日 (土) 18時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/44327360

この記事へのトラックバック一覧です: また、また、また、また延期:

« 中原誠将棋十六世名人引退 | トップページ | こんな日は早仕舞い »