« 大統領一家の犬 | トップページ | 内藤九段からの挑戦状 »

2009年4月15日 (水)

オーストラリア人しか食べないヘンな食べ物

Ca390117次女のオーストラリア土産にあったのが、この「オーストラリア人しか食べないヘンな食べ物」。次女の訪問を受け入れ面倒を見てくださった方が一緒に買い物に行ったときに教えてくれたものだそうで、まったく買うつもりがなかったのが、帰りに空港の売店でも見つけ、「これは買って帰るっきゃない」と思って購入したとか。

Ca390116名前を「Vegemite」(ヴェジマイト)といい、「Concentrated Yeast Extract」(濃縮イーストエキス?)とのことである。オーストラリアの人はこれをパンに塗って食べるらしい。

次女は食べ始めて直ぐに「無理」と言って、パンに塗ってあったヴェジマイトをこそぎ落としてしまった。私も食べてみたが、決して美味しいとは思わなかったものの、一応食べ切った。ちょっと独特の香りがあって、若干の酸っぱさを伴う塩からさ―といった味。何に似ているかと聞かれても、特に似たものはないと答えるしかない。

で、最初はトーストにダイレクトに塗ったのだが(写真)、二度目はトーストの半分にバター、残り半分にクリームチーズを塗った上にヴェジマイトを重ねて塗ってみた。こちらの方がヴェジマイト単独よりも食べやすい。ただやはり好んで食べたくなるようなものではない。確かに「オーストラリア人しか食べないヘンな食べ物」というのは的確な表現と言えるようだ。

日本でもアマゾンで入手することが可能。興味のある方はお試しを。

|

« 大統領一家の犬 | トップページ | 内藤九段からの挑戦状 »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

出たー、ベジマイト!!(表記が違いますけど)
私自身は未だ体験していないのですが、以前にも知り合い周辺で盛り上がったことがあります。
「一般的な日本人の味覚にはとうてい受け入れられないが、かの国ではかなり人気」という不思議さだそうで。
お土産としてはなかなかオツです。

投稿: baldhatter | 2009年4月15日 (水) 23時15分

オーストラリアに在住の人間として一言。
私には甘さと塩辛さが同居している奇妙な味と思いました。
日本でのプライスが480円位とのこと。少々お高めですね。
それでも食に関して冒険家、あるいはグルメの方が挑戦すべく奇妙な対象かもしれません。あるいは、挑戦する価値もないものかもしれません?!?!

投稿: billabong | 2009年4月15日 (水) 23時40分

baldhatterさん

>未だ体験していない

ぜひ一度トライを! オーストラリアに関係する翻訳の時に役立つかもしれません(いや、どうかな^^)。

billabongさん

あまりに特殊なもの(フィリピンの「バロット」など)は、私もダメですが、この程度なら後学のために一度は味わっておくべきかと・・・。ただあのチューブ、全部食べきるのは難しそうです。

投稿: Jack | 2009年4月16日 (木) 13時11分

オージーの男の子に聞いてみました。Are you missing Vegemite?
- My family sent me some for Christmas time. I just finished it so I am not missing much. 
-あんまりテイスティじゃないって聞いたの。
-It is so good!
だそうです。美味しいらしいですよ、彼には。
ヴェジマイトとマイロ(milo)とカンガルーがときどき恋しくなるらしいです。ちなみに、カンガルーは食べるもの。

西洋人はよくパンにバターを塗った上にジャムやチョコペーストを塗って食べます。今度、Vegemiteだけをパンに塗って食べるのか聞いてみましょう。

投稿: pompon | 2009年4月19日 (日) 07時28分

イギリスにも似たような味のmarmiteがあります。
おそらくこれのオーストラリア版では?
けど、イギリス人はオーストラリア人がvegemite食うほどはmarmite食わないなあ。

投稿: | 2009年4月20日 (月) 08時46分

Wikipediaの「ベジマイト」の説明にも、「味や生産」が「イギリスのマーマイト」に似ているという記述がありますね。
ご指摘の通り、「オーストラリア版マーマイト」だと思います。

投稿: Jack | 2009年4月20日 (月) 15時14分

別のオージーとも話してみたのですが、こちらは懐かしそうに、I am missing it. と言っていました。
ちょっと考えていたのですが、これは外国人にとっての「うめぼし」みたいなものかもしれません。日本人であれば子どもの頃から、ご飯の友として食べ慣れているものですが、外国人にとっては奇妙な味ではないでしょうか。飴の小梅ちゃんは、まだ甘みがあります。それでも口に含んですぐ顔をしかめる人が多く、口から出して捨てる人もいますから。ただ、アジア系の人には試したことがありません。

投稿: pompon | 2009年4月22日 (水) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/44680255

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリア人しか食べないヘンな食べ物:

« 大統領一家の犬 | トップページ | 内藤九段からの挑戦状 »