« 今日の昨日のこと | トップページ | 北朝鮮の“飛翔体発射” »

2009年4月 3日 (金)

不整脈その後

先月(09年3月)、東京の病院で不整脈の診察を受けたが(参照)、先日、再診のためその病院に行ってきた。

通常の血液検査と心電図の検査を受けた後、3月の診察以降の症状について医師から尋ねられた。小さな不整脈が数回、いずれも短時間(長くて4、5分)続いた程度で、抗不整脈剤は一度も使っていないと話す。医師は現状では他に特段の治療法はないと言い、「どうしますか?」と尋ねてきた。つまりこれからも診察を受けに来るか、それとも地元の病院に行くか、或いは特に診察を受けずに様子を見るかということで、私は迷うことなく、診察を打ち切り様子を見ることを選択した。

「無謀な選択じゃないですよね」と私。
「はい、まったく問題ないですよ」と医師。

ところで3月の診察では「ホルター心電図」という24時間体に装着して、心拍波形を記録する装置を使ったことを説明したが、そのホルター心電図を使用する際、「長時間心電図行動記録カード」というものを渡される。心電図を装着している間の主だった行動を記録するためのカードである。

基本的に、入浴やシャワー、水泳など体を濡らす行為以外はすべて通常通りにやってよいことになっており、日常行っている人であれば、スポーツもかまわないことになっているのだが、そのカードの記入例を見て驚いた。

Photo 

 

 

 

 

 

 

 

いくら何をやってもよいとはいえ、循環器系の病気が疑われていて、24時間心電図検査を受けるような者が記入例にあるような行為を検査中にわざわざすることはないのじゃないか。過去にそういう御仁がいて、でもさすがに気が引けて行動記録に記入しなかったのが、心電図の波形からばれてしまい、それなら、「これもしたら正直に報告せえよ」という意味で記入例に明記した方がよいとでもなったのだろうか。

ホルター心電図の検査は今回が2度目の経験だったが、最初の時こんな記入例はなかったように思う。この6年ほどの間に日本人の行動に変化が生じたということだろうか。いや、とにかくびっくりである。

|

« 今日の昨日のこと | トップページ | 北朝鮮の“飛翔体発射” »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

大事(おおごと)でなくて良かったです(´-`)

記入例はいろいろな方がいる事を想定しているので、考えられることが全部書いてあるものですよね。自分の「常識」では考えられないことも。。。

投稿: pompon | 2009年4月 4日 (土) 07時22分

>大事(おおごと)でなくて良かったです

ありがとうございます。

投稿: Jack | 2009年4月 4日 (土) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/44556997

この記事へのトラックバック一覧です: 不整脈その後:

« 今日の昨日のこと | トップページ | 北朝鮮の“飛翔体発射” »