« GM倒産 | トップページ | 「どうぶつしょうぎ」は届いたけれど »

2009年6月 3日 (水)

将棋:第67期名人戦七番勝負第5局 2日目【郷田3勝目】

羽生善治名人対郷田真隆九段の名人戦第5局、羽生の封じ手は△5二歩打だった。

54  

 

 

 

 

 

 

  

 

5筋からの攻め味がなくなってしまうので打ちにくいと言われていたが、羽生はその辛抱の歩を打った。逆に考えるならば、それだけ局面が厳しいということだろう。

これに対して▲1八角打という一気の勝負手もあったようだが、郷田は▲7五馬といったん力をためる作戦に。朝のNHK BSで、中村修九段はここから再び駒組みというほどではないけど、しばらく陣形を整える手順が続くといった予想をしていた。

が、郷田にその考えはなかった。▲7五馬△4四飛となったところで▲8二歩(下図)。

55  

 

 

 

 

 

  

 

 

△同銀と形をくずさせてから▲1八角打(下図)。

56  

 

 

 

 

 

 

 

 

どうにも、郷田の方に好手が目立つ。この角は2九の桂取り飛車成りを防ぎつつ、遠く6三の地点を狙っている。6三に成り込めば、桂取りが先手になる。その通りに本譜も進み、下図で昼食休憩となった。消費時間は、先手郷田6時間15分、後手羽生6時間12分。午後1時半再開予定。

57_2 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後再開後、△6二歩▲3六馬△1五竜(下図)と進み、2時15分現在郷田が長考している。

58 

 

 

 

 

 

 

 

 

この△1五竜の評判がいい。立会人島朗九段は「大変なことになってきた」とコメント。郷田の持ち時間は2時間を切った。

一時期盛り返したかに見えた後手羽生陣。76手目からの数手では千日手模様にさえなり、立会人の島九段が対局室に入る事態となったが、先手郷田が千日手を回避。

その後82手目△2六歩▲3八銀辺りから徐々に先手優勢に傾き始めたようだ。現在は91手目▲3六馬の局面で夕方の休憩に入っている(下図)。

59  

 

 

 

 

 

 

 

 

先手の5五馬があまりにも強い。後手は△5三歩からの中央突破を図る以外ないか。残り時間、郷田48分、羽生34分。午後6時半再開。

午後7時25分、137手目▲3四歩を見て羽生が投了を告げた。双方、一度も王手がかからないままの終局だった。

510  

 

 

 

 

 

 

 

 

これで郷田3勝、羽生2勝となり、注目の第6局は6月15、16日に京都の東本願寺渉成園で行われることになっている。

|

« GM倒産 | トップページ | 「どうぶつしょうぎ」は届いたけれど »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/45221235

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋:第67期名人戦七番勝負第5局 2日目【郷田3勝目】:

« GM倒産 | トップページ | 「どうぶつしょうぎ」は届いたけれど »