« 将棋:第67期名人戦七番勝負第5局 2日目【郷田3勝目】 | トップページ | 将棋のポジション »

2009年6月 4日 (木)

「どうぶつしょうぎ」は届いたけれど

Photo(09年)4月28日に取り上げた「どうぶつしょうぎ」が先週届いた(写真のケースは家にあったものを利用したので、付属品ではない)。

早速、娘と対戦したが、結果は五分。けっこう、長手数になったりもして、「どうぶつしょうぎ」侮りがたしである。

ところでこの「どうぶつしょうぎ」は日本女子プロ将棋協会(LPSA)という女性プロ棋士の団体に所属していた北尾まどか初段が考案し、同じくLPSA所属の藤田麻衣子1級がイラストを担当して制作したものである(参照)。

その考案者北尾初段が6月1日付でLPSAに退会届を出した。なんとも不可解な行動である。一応、本人の弁によると、(LPSAにも日本将棋連盟にも属さずに)フリーな立場で、棋士としての活動を続けたいとのことであるが、少なくとも戦後、プロ将棋の制度が整備されてからは、これまで団体に所属しないで棋戦に参加したプロ棋士は存在しない。

厳密に言えば、男性棋士(全員が日本将棋連盟所属)と女性棋士(日本将棋連盟とLPSAに分裂)とでは、その身分に違いがあり、日本将棋連盟に所属する女性棋士たちは連盟の正会員ではない。

そうした背景もあってか、日本将棋連盟は(LPSAも)北尾初段のフリー棋士という立場を受け入れ、今後も従来通り棋戦への参加を認める方針のようだ。だが、果たしてフリーの棋士というのが存続し得るのか、これからが注目される。

ところで、正会員である男性棋士に関しては、このような動き(=独立)は決して認められないだろう。日本将棋連盟を退会した途端、参加できる棋戦はなくなるものと思われる。男性棋士にフリーという立場を認めた場合、日本将棋連盟の存在基盤が揺らぎかねないからである。

だが万一、北尾初段のケースが成功したら…男性棋士にも追随する者が現れないとも限らない。

現在、将棋界には問題が山積している。女性棋士の分裂もその一つであり、ほかにも中短期的、大規模小規模、金銭がらみ、感情的軋轢などなど、様々なものがある。せっかくの将棋という優れたゲームが、そうした将棋界の問題のせいでイメージダウンとなり、ファン離れを引き起こしたり、新しい将棋ファンの獲得に支障を来たすことがあってはならない。

|

« 将棋:第67期名人戦七番勝負第5局 2日目【郷田3勝目】 | トップページ | 将棋のポジション »

将棋」カテゴリの記事

コメント

> 結果は五分

五分間で終わったのかと思いました。でも、その後に「長手数になったり」とあって、???
引き分けだと気づくのにたっぷり半日かかりました(^-^;

投稿: pompon | 2009年6月 6日 (土) 06時23分

将棋と違い、「どうぶつしょうぎ」は負けてもあまり悔しさを感じません。家族や友人とのコミュニケーションツールとしての効用も見込めるのではないかと思います。
大してかさばらないので、友だちとの旅行などに持って行くなんて手もありかと。絵と点で表現されているので、言葉の壁はほぼありません(ルールに将棋がらみの部分があるので、そこの説明が必要でしょうか)。

投稿: Jack | 2009年6月 6日 (土) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/45234695

この記事へのトラックバック一覧です: 「どうぶつしょうぎ」は届いたけれど:

» フリーランスの可能性 [即席の足跡《CURIO DAYS》]
先日、「旅立つ人」という記事を書きました。 いつもは結構持ち上げてくれることの多いssayさんに、今回は反旗を翻えされてしまいました。(笑) 某女流棋士がフリー宣言って・・・ ------------------------------------------------- nanaponさんは「旅立つ人」というタイトルで励ましていらっしゃいますが、 ぼくは、全く逆の印象を抱いている。 フリーって、前代未聞のケースですよね? 別に前代未聞の事をするなとか、前例から外れた行動は慎めとか、 官僚じ... [続きを読む]

受信: 2009年6月13日 (土) 00時59分

« 将棋:第67期名人戦七番勝負第5局 2日目【郷田3勝目】 | トップページ | 将棋のポジション »