« ギャラリースコープ【3】 | トップページ | 将棋:第67期名人戦七番勝負第5局 1日目 »

2009年6月 1日 (月)

目のショボつき

ここ数日、目がしょぼしょぼする。体が疲れたときなどに出る症状なのだけど、今はそんなに疲れているとは思えない。

目薬も効かないようなので、寝る前に温湿布でも試そうかと思っている。

この目のショボつきというのを経験したことがないという人がいる。「目がしょぼしょぼするというのが分からない」というのだ。だけど、「目がしょぼしょぼする」という感覚を口で説明するというのも難しい。「目の玉が痺れているような」というのは違うし、「肩が凝った時のあの感覚が眼球で起きている」とでも言ったらいいのか。

専門的には「眼精疲労」と呼ぶようだが、感覚までは伝えてくれない。

そこでふと思いつき、「夜、眠くて眠くてしょうがなくて、でも目をあけてなければいけないときの感覚に近い」と言ったら、なんとなく分かってくれたようだ。

広島辺りでは「目がしょっぱくなる」と言うらしいが、なかなか的を射た表現である。

|

« ギャラリースコープ【3】 | トップページ | 将棋:第67期名人戦七番勝負第5局 1日目 »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

昨年日本から戻ってくるとき、「飛行機の中は乾燥するから」と友人が「ホットアイマスク」と「マスク」をくれました。私は目でも鼻でもあの「塞がれる」感覚がいやで、カナダで日本人の友だちに譲りましたが、その友だちは使ってみて喜んでいました。テレビもパソコンも目に負担がかかりますし、目は頭にも近いです。また、逆に体や精神の疲労を脳が目に伝えているのかもしれませんね。大事にしなければ。

投稿: pompon | 2009年6月 5日 (金) 00時48分

>「ホットアイマスク」

それは良さそうですね。うちには冷蔵庫で冷やして使うタイプのアイマスク(これも和製英語なんですね)はありますが、「ホット」はありません。

>「塞がれる」感覚がいやで

なるほど、そういう方もいらっしゃるのですね。私は暗くないと(寝られないというほどではありませんが)寝にくいので、徹夜明けの仮眠などでもアイマスクを使います。で、たとえば飛行機の中のように、人に見られそうな場合は、さらにバンダナを広げ顔全体を隠すことも…。いやじゃないですか、大口開けて寝てるとこを見られるのは^^;

投稿: Jack | 2009年6月 5日 (金) 11時11分

Jackさん、
ホットアイマスクは使い捨てのもので、ネットでもすぐ見つかりました。たぶん、薬局とかスーパーでも簡単に手に入るのではないでしょうか。

> 徹夜明けの

う!!!お肌に悪いですよ。(;;;´Д`)ゝ

> バンダナを広げ顔全体を隠すことも

わあ、日本人ですね。たぶん、仏系カナダ人は、そういうのを「見てはいけない」または、そういうのをみて笑ってはいけないって思っている節があります。仏人は日本人に近いかな。

投稿: pompon | 2009年6月 6日 (土) 06時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/45207902

この記事へのトラックバック一覧です: 目のショボつき:

« ギャラリースコープ【3】 | トップページ | 将棋:第67期名人戦七番勝負第5局 1日目 »