« わずか57円、されど57円 | トップページ | 「直感」と「直観」または「直覚」 »

2009年6月 7日 (日)

W杯アジア最終予選:ウズベキスタン戦

Fwclogo喜んでいいのかどうか…、とりあえず喜ぶことにしよう。
(2010年FIFAW杯南アフリカ大会のロゴ)

サッカー日本代表が、2010年ワールドカップ南アフリカ大会への出場を決めた。

アジア最終予選第6戦、アウェーのウズベキスタン戦は試合開始早々の前半9分に岡崎がヘディングで押し込んだ1点を守りきって勝利。勝ち点を14とし、グループ2位以内を確定、本大会への出場権を手にした。

内容よりも結果が求められる試合であり、勝利という結果を出したのだからいいのかもしれないが、岡田監督以下選手が、それにサッカー日本代表を応援する人たちが本気で「本大会ベスト4」を目指すなら、この試合での反省点は決して少なくない。

確かにウズベキスタンというチームはフィジカル面で日本を上回っていたが、W杯本大会に出てくるチームはそのウズベキスタンに輪をかけてタフである。こう言っては相手に失礼かもしれないが、本大会ベスト4を目標に掲げる以上、ウズベキスタンごときに攻められ続けるような試合はしてはならないのだ。

無論、日本にワンサイドゲームを望んでいるわけではない。どんな相手であれ、90分間の戦いの中では攻め込まれることはある。問題はその時間と相手シュートの数、危険度である。

幸運にもゴール枠内に飛んでくるシュートが少なかったから1-0で勝てたので、昨夜の試合は大いに不満の残るものとなった。

アウェーの試合で審判の判断が相手よりであることは開始から程なくして分かったのだから、無用なファウルをおかすことなく、要らぬイエローカードはもらわないようにしなければならない。ことに長谷部のレッドカードはまったく無意味な形で受けており、守備的MFの退場が大事に至らず幸いだったというほかない。

また試合後に中村俊輔選手が「ひき出しが増えた」といった言葉で試合内容を評価していたが、これもウズベキスタンごときの攻撃をしのぎきったからといって、本大会でそれが通用すると考えるのは早計にすぎると思う。本大会に出てくる欧州や南米のチームが相手であれば、そして本大会のグループリーグではほぼ間違いなく欧州か南米の1チームと対戦することになるはずで、そのとき現在の守備力だけで通用するとは思えない。守る中にも、攻めてくる相手に対して、「気をつけないと反撃をくうかもしれない」という恐怖を与えるようなサッカーをしなければならない。昨夜の日本チームにはその怖さがなかった。

せっかくの祝賀ムードに敢えてこんなことを言うのも、「本大会ベスト4」を画餅で終らせてほしくないからである。トップコンディションで臨めば、今の日本のサッカーがある程度の結果を残せることは証明された。あとは、本番までの1年でどれだけ上積みすることができるかである。

FIFAワールドカップ南アフリカ大会は2010年6月11日から始まる

|

« わずか57円、されど57円 | トップページ | 「直感」と「直観」または「直覚」 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/45268636

この記事へのトラックバック一覧です: W杯アジア最終予選:ウズベキスタン戦:

« わずか57円、されど57円 | トップページ | 「直感」と「直観」または「直覚」 »