« キャラ弁 | トップページ | 北海道大雪山遭難事故 »

2009年7月16日 (木)

コーヒー温度2009夏

2009今日(09年7月16日)、今年初めてアイスコーヒーを淹れて飲んだ。

以前にも書いたがホットからアイスへとコーヒーを切り替えるのはだいたい5月頃なのだが、今年は梅雨に入ってもずっとホットを飲んでいた。理由は分からない。今年の梅雨はやや気温が低く、その意味でホットコーヒーが飲みやすかったのだが、それにしてももう7月である。

で考えられるのが、こちらの体調…。季節的要因などによる一時的な体調の変化なのか、年齢による不可逆的なものなのか、体の中で何か変化が起きているのかもしれない。知り合いに、それまで大好きだったお酒が、60歳を過ぎたら途端に飲めなくなったという人がいる。

私自身も30歳を過ぎた頃から、肉よりも魚を好んで食べるようになった。そうした時計の進行と共に訪れる変化というのは、本人にとっては人生で初めての経験なので、けっこう戸惑ったり、なかなか気づかなかったりする。

果たして、今年はいつホットコーヒーに切り替わるのか、じっくり自分を観察してみることにする。

今年初のアイスコーヒーは淹れ方がまずく、だいぶ苦みが勝った味になってしまった。

|

« キャラ弁 | トップページ | 北海道大雪山遭難事故 »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

多分同じ世代のジャックさん。体調の変化、嗜好の変化に敏感になっているようですね。
日本人の平均年齢からすると、癌などに犯されない限り、私達は後20-30年の命と考えると当たり前です。お互い定期的な運動を続け、健康診断も怠らず体調を整えたいものです。

投稿: billabong | 2009年7月17日 (金) 01時02分

自分の体って、いつまで経っても分からないですね。睡眠不足や疲れで、
今日は調子が上がらないだろうと思っていると妙に調子がよかったり、
休養十分で体調万全のはずがどうにも体が重かったりとか。
それが成績や生活に直結するプロスポーツ選手というのも、考えてみれば
大変な仕事ですね。

投稿: Jack | 2009年7月25日 (土) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/45653213

この記事へのトラックバック一覧です: コーヒー温度2009夏:

« キャラ弁 | トップページ | 北海道大雪山遭難事故 »