« あの荷物はどこに? | トップページ | 羽生の言葉:名人戦を終えてのインタビュー »

2009年7月 7日 (火)

七夕の空

Photo今日7月7日は七夕(詳細はこちら)。今夜東京の空には左のような星が登場する。

七夕伝説の織姫は「こと座ベガ」、牽牛は「わし座アルタイル」。図中では「夏の大三角」という説明が付されている。

星空の中で見ると比較的近くにあるようだが、この2つの星、実際には14光年以上離れている。なので年に1回会うのはかなり難しいのではないかと思う。

|

« あの荷物はどこに? | トップページ | 羽生の言葉:名人戦を終えてのインタビュー »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

宇宙は人間には測れないくらい広いのですもの、時間の過ぎ方もきっと我々の感覚とは違うのでしょう。14光年も織姫と彦星にはあっという間かもしれません。
笹に短冊は今でもみられるでしょうか?

投稿: pompon | 2009年7月 9日 (木) 13時18分

願い事を書いた短冊は健在なのですが、七夕の笹飾り自体を見かけなくなりました。今年、七夕飾りを見たのは幼稚園、スーパー、駅だけです。スーパーと駅に飾られていたのは地元の小学生が作ったものでした。因みに、横浜ではほとんど星は見えませんでした(ザンネン)。

投稿: Jack | 2009年7月10日 (金) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/45563664

この記事へのトラックバック一覧です: 七夕の空:

« あの荷物はどこに? | トップページ | 羽生の言葉:名人戦を終えてのインタビュー »