« 映画について | トップページ | 人生最古の映画 »

2009年7月27日 (月)

麻生総理最後の失言?

実質的には衆議院選挙運動に入った今月(09年7月)25日、横浜市内で開かれた日本青年会議所の会合で挨拶した麻生総理大臣が「(高齢者は)働くことしか才能がない」といった趣旨の発言をしたという。

こうした失言の場合、気をつけなければならないのが前後の文脈を抜いて、問題の部分だけを取り上げ批判することだが、今回の麻生発言は報道で見る限り明らかな差別発言といえそうだ。

麻生総理は「日本は高齢者、65歳以上の人たちが元気。介護を必要としない人は8割を超えている」とした上で、「元気な高齢者をいかに使うか。この人たちは皆さんと違って、働くことしか才能がないと思ってください」と言ったようだ。さらには「80過ぎて遊びを覚えても遅い。遊びを覚えるなら青年会議所の間ぐらい。60過ぎて80過ぎて手習いなんて遅い」とも言ったというから度し難い。

真意は「高齢化社会においては、高齢者の力を活用することが重要だ」ということを言いたかったということだが、それが真意ならば、「この人たちは働くことしか才能がない」の部分は自ずから「そうした人たちの力を活かさない手はない」といった発言になるはずだ。

舌禍とは発言者の真意の発露であることがしばしばある。「どうせ民主党に負けるんだから、言いたいことを言ってやれ」という「信条の吐露」ではないのだろうか。

毎日新聞による麻生総理発言の要約は次の通り(参照)。

日本は65歳以上の人たちが元気。65歳以上の人たちで、働ける健康な人、いわゆる介護を必要としない人は実に8割を超えている。

元気な高齢者をいかに使うか。この人たちは皆さんと違い働くことしか才能がないと思ってください。働くということに絶対の能力がある。80過ぎて遊びを覚えても遅い。遊びを覚えるなら青年会議所の間ぐらい。そのころから訓練しとかないと。60過ぎて、80過ぎて手習いなんて遅い。

働ける才能をもっと使い、その人たちが働けるようになれば、その人たちは納税者になる。税金を受け取る方ではない。行って来いで、日本の社会保障は違ったものになる。どうしてそういう発想にならんのか。明るい高齢化社会、活力ある高齢化社会。これが日本の目指す方向だ。活力ある高齢化社会の創造に成功したら、世界中、日本を見習う。

|

« 映画について | トップページ | 人生最古の映画 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

もう、自民党事態が解散した方が」、いいじゃないですか。民主党に、任せた
方が良いじゃないですか。私は、その方が、良いと思います。

投稿: 匿名 | 2009年7月31日 (金) 19時13分

匿名さん

私は自民党の解体までは望みませんが、とにかく一度民主党に
やらせてみるのがこの際の最善手かなという気がします。
それと、政党同士の「けなし合い」もやめてほしいですね。
もっと高いレベルの論争をしてくれと言いたくなります。

投稿: Jack | 2009年7月31日 (金) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/45760820

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生総理最後の失言?:

« 映画について | トップページ | 人生最古の映画 »