« イチローvs浅田真央 | トップページ | あの荷物はどこに? »

2009年7月 5日 (日)

SF映画の舞台となった年

SfいつものDANMETHブログで見つけたのがこのチャート。

SF映画の舞台となった年を年代順に表している。チャートの一番上、『時計じかけのオレンジ』は1995年、次の『ニューヨーク1997』は邦題の通り1997年、3番目の『2001年宇宙の旅』もタイトルの2001年が、アンソニー・ホプキンスとミック・ジャガーという珍しい顔合せの『フリージャック』は今年2009年がそれぞれの舞台となっている。

その他の映画はまだ“未来”の物語。なお、ここに挙げられているのはWikipediaで正確な年が確認できた映画のみとのことである。

最後に挙げられている『デューン/砂の惑星』の原作(フランク・ハーバート著)は全部で6作あるけれど、映画化されたのは第1作だけである。2作目以降の映画化にそろそろ誰か挑戦してほしいものである。

|

« イチローvs浅田真央 | トップページ | あの荷物はどこに? »

映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/45550765

この記事へのトラックバック一覧です: SF映画の舞台となった年:

« イチローvs浅田真央 | トップページ | あの荷物はどこに? »