« 甲子園 | トップページ | 「飽きる」ということ »

2009年8月19日 (水)

国会議員の魅力

こんなことを書くと「ナイーブなやつ」と思われるだろうが、やはりどうしても不思議でならないのが「国会議員の魅力」である。

前回の総選挙で当選した「小泉チルドレン」の代表的存在だった片山さつき氏は、選挙運動中鉢巻にたすきという、エリート意識の強い氏からはおよそ考えられない扮装で走り回り、当選後も選挙区の祭などの催し物に参加していたが、どうにも「不本意ながらも選挙のために…」という感じがして、不似合いとしか思えなかった。

そして苦戦が予想される今回の選挙では、公示前に開かれたある集会で、集まった聴衆に向い土下座して支援を求めたと言われている。

東大法学部→大蔵省というエリートコースを歩んできて、「プライドの塊」と称される氏をして、そこまでの行動に駆り立てる「国会議員の魅力」とは…。門外漢に推測できるのは、「富と名誉と権威と権力」のカクテルの味なのだろうということだ。

このカクテルの味、相当に強力なもののようで、「乞食と国会議員は3日やったら辞められない」と言われる。だが国民としては、そんな「旨み」に惹かれて集まってくる「アリ」のような候補者は選びたくない。

ただ、誰が「アリ」で、誰が「アリ」でないのか―その見究めが難しいというよりは、ほとんど不可能事に近いというのが悩みどころではある。こうなったら、投票までの10数日間、じっくりと悩むことにしよう。

|

« 甲子園 | トップページ | 「飽きる」ということ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/45975617

この記事へのトラックバック一覧です: 国会議員の魅力:

« 甲子園 | トップページ | 「飽きる」ということ »