« 永遠の嘘をついてくれ | トップページ | 夏の終わりに »

2009年8月14日 (金)

夏への扉

ロバート・A・ハインラインの『夏への扉』を読んだのは何十年前のことだろう。ハインラインが語った物語を大方忘れていることに気づいて驚いた。もう一度読み返してみようか、本棚を探せばきっと見つかるはずだ。

追記:奇しくも今日、ハヤカワ書房のメールマガジンで“名作、『夏への扉[新訳版]』刊行!”のお知らせが届いた。ちょっと心引かれる。

http://www.hayakawa-online.co.jp/01jv/

|

« 永遠の嘘をついてくれ | トップページ | 夏の終わりに »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この本、アメリアの掲示板でもずいぶん前に勧めた方がいらっしゃいましたね。
図書館にあるようなので、今の本を返したら手に取ってみます。英語にしようか、仏語にしようか、あ、両方っていう手も。

投稿: pompon | 2009年8月23日 (日) 03時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/45928429

この記事へのトラックバック一覧です: 夏への扉:

« 永遠の嘘をついてくれ | トップページ | 夏の終わりに »