« 第68期将棋B級1組成績順位表【5回戦】 | トップページ | 8月の「秋」 »

2009年8月30日 (日)

民主党大勝

まだ最終的な結果は出ていないが、どうやら民主党が単独過半数をも獲得しそうな勢いだ。

自民党は海部俊樹元総理や野田聖子氏など多くの閣僚経験者が選挙区で落選している。まだ比例代表での復活当選はあり得るが、自民党結党以来の大敗は間違いないようだ。

これで次はいよいよ民主党政権がどういう国家経営を行っていくか、その監視を怠らないようにしなければならない。

今回の選挙速報で気づいたことは、当確や落選の報を聞いて、喜んだり残念に思ったりする感情が候補者によってはけっこうはっきりと出るということ。普段はさほど気にも留めていなかったが、自民党の石原伸晃候補が当選確実になったと聞いて「よかった」と思い、田中真紀子氏の当確を知って「えー」と思わず声を出し、小渕優子前議員に関してはまったく喜べなかった。

この好悪の感情というのはいつ頃、どのような経緯で生まれていたものなのだろうか。自分でもまったく分からない。

それと一つ付言をするなら、最終的に、自分の投票に関しては個人的な感情、好悪は極力排除した上で行ったつもりである。

さて、民主党政権下、何か変化が起きることを期待しよう。

|

« 第68期将棋B級1組成績順位表【5回戦】 | トップページ | 8月の「秋」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/46075302

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党大勝:

« 第68期将棋B級1組成績順位表【5回戦】 | トップページ | 8月の「秋」 »