« スポーツにおける性別 | トップページ | 勝者の誕生日 »

2009年9月26日 (土)

将棋:第68期A級成績順位表【3回戦】

昨日(09年9月25日)、第68期将棋A級順位戦第3回戦、▲丸山忠久九段-△谷川浩司九段戦が行われ、120手で谷川九段が勝った。これで第3回戦全5局が終了。勝敗は次の通り。

   【勝】         【負】    (対局日)
△高橋道雄九段-▲藤井 猛九段 (9月9日)
△郷田真隆九段-▲佐藤康光九段(9月10日)
▲木村一基八段-△三浦弘行八段(9月17日)
▲井上慶太八段-△森内俊之九段(9月17日)
△谷川浩司九段-▲丸山忠久九段(9月25日)

3回戦終了時点での成績順位は次の通り。

第68期将棋A級成績順位(3回戦)(前回順位表はこちら

成績
順位
氏名/段位A級
順位
成績前回
順位
順位
変動
備 考
1 谷川浩司九段 7位 3勝0敗 2位 ↑   
2 郷田真隆九段 1位 2勝1敗 4位  
3 森内俊之九段 3位 2勝1敗 1位  
4 木村一基八段 5位 2勝1敗 5位  
5 三浦弘行八段 8位 2勝1敗 3位  
6 高橋道雄九段 9位 2勝1敗 6位  
7 井上慶太八段 10位 2勝1敗 7位  
8 佐藤康光九段 2位 0勝3敗 8位  
9 丸山忠久九段 4位 0勝3敗 9位 -   
10 藤井 猛九段 6位 0勝3敗 10位 -   

谷川が苦しい将棋を逆転でものにし、無傷の3連勝。単独トップに立った。谷川同様無敗だった森内と三浦は惜しい星を落とし一歩後退。7位の井上まで2勝1敗が6名という二番手グループが分厚い展開となり、その後塵を拝する3連敗の佐藤、丸山、藤井は黄信号が点滅を始めたか。

前回の上位5人全員の順位が入れ替わったのに対し、6位以下は変動がなかった。珍しい展開である。

いつもは解説を見ながらネット中継を観戦するのだが、今回は敢えて解説なしで▲井上慶太八段-△森内俊之九段戦を観戦した。

戦形は後手森内のゴキゲン中飛車から、双方穴熊に囲う展開になったが、私には終始森内の方が優勢に見えた。

そして寄せ合いになった97手目、▲井上が5一飛成と後手玉に迫った(下図)。

A1  

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで私は△6八金打で後手の勝ちだと思ったのだが、その金打ちの手を森内がなかなか指さない。変だなと思っていると、後手の着手は△7一銀打の守りの手。「えー!」と声を上げ、ネット中継の解説を見ると、この▲5一飛成で、▲8一竜からの詰めろがかかったと記されている。

再び「えー!」と叫び、それ以後は解説を読み続けた。

結局、△6八金打~△8八竜~△7八金打~△8八銀も、、△6八金打~△8九竜~△7八銀打~△8九金も、先手に4五や3三に角を打つ受けがあって成立しないことを知る。

指摘され、よくよく考えれば、確かにその通りであり、また先手の受けはさほど難しい手ではない。それがネットで、リアルタイムで棋譜を追いかけていると、ついつい自分が読んだ手にほれてしまい、客観的な判断ができなくなる。ただし、実はこれも将棋を楽しむ一つの方法であり、たまには解説を一切見ないで中継をご覧になることをお奨めする。

解説を見えなくするには、表示される棋譜ウィンドウの下端をつまんで上にドラッグするだけである。

|

« スポーツにおける性別 | トップページ | 勝者の誕生日 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/46320826

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋:第68期A級成績順位表【3回戦】:

« スポーツにおける性別 | トップページ | 勝者の誕生日 »