« 思考粘性 at max | トップページ | 「故障中」 »

2009年9月23日 (水)

「新型インフルエンザじゃなかったよ」顛末

先週木曜日次女が熱を出した。学校を早退して帰ってきた時が38度前後。平熱が35度台と低い娘にしては高熱だった。

そのままベッドに直行で夕方まで寝ていたが熱は下がらず、ついに40度を突破。頭痛もしてきたと言う。そこで先ず疑われるのが「新型インフルエンザ」。発熱相談センターに電話をしてみたところ、「電話で聞いた限りではインフルエンザの可能性が高い。だが発熱から12時間以上経たないと、ウィルスが十分増殖しないので、検査をしても陽性反応が出ない」と言われ、病院には翌日行くことにした。

翌朝次女の熱は38度台まで下がったが頭痛がひどく、発熱相談センターの担当者に言われた通り2人ともマスクをかけ、車で病院へ。

病院では通常の外来とまったく同じ扱いで、内科を受診するよう言われる。問診表に記入後、検査を受けるため次女は別室へ。

「鼻に綿棒入れられただけ、採血はされなかった」と戻ってきての報告。

その日は金曜日だったが、特に外来は混んでいるわけでもなく、小児科の前も椅子が空いている。ほどなく、名前を呼ばれて診察室に入って行った娘がほんの10分も経たないうちに戻ってきた。

「インフルエンザじゃないって」

そう言った娘と、それを聞いた私は同時に落胆の表情。そう、私たち2人は「新型インフルエンザだ」と決めてかかっていたのであり、また来春受験を控えている次女は、「どうせかかるなら、今のうちにかかっちゃった方が安心だ」ったのだが、思惑ははずれ、診断は「風邪」。

薬を処方してもらい帰宅する。と、長女が「なんだかダルイから今日は仕事を休んだ」とのこと。その長女の熱が夕方になると39度まで上がり、その上頭痛も…と妹と同じ症状に。

そこで12時間以上経過するのを待って、翌朝またもや病院へ。その時の熱は37度台で、これも妹と同じ展開。で、診断結果も同じ―「インフルエンザじゃない」。

「これじゃ明日はお父さんの番かな」とは娘2人の言葉。

だが日曜日、私は特に具合が悪くなるようなことはなく、普通に1日を過ごした。それが日曜日の夜から月曜日の朝にかけて、一気に体がだるくなり、朝熱を測ると36.9度。10年ぶりぐらいの発熱だった。

どう考えても娘からうつった病気であることは間違いない。なので休日の救急外来に行くほどではないと判断し、市販の鎮痛解熱剤を飲んで寝ていることにした。ただ私の場合、熱は最高で37.5度、頭痛はほとんどなく、食欲も落ちることはなかった。

月曜日になると娘たちもそれぞれ快方に向い、長女は仕事に出かけて行った。私も月曜、火曜と倦怠感に悩まされながらもどうにか仕事をした。ただ、月曜日の朝元気を回復した次女が夕方頃から再び熱が上がり、それがいまだに続いている。

熱といっても36.6~36.9度ぐらいなのだが、前にも言ったように平熱が低いのでそれでもつらいらしい。明日から学校が始まるが、とりあえず明日は休ませ、もう一度病院に連れて行こうと思っている。

いわゆる「風邪」の症状を引き起こす病原菌・ウィルスというのは200種類ほどあるらしい。わが家を襲った風邪がどのような病原菌・ウィルスによるものなのかは不明であり、よほど症状が重くない限り、病院も病原菌・ウィルスを特定する検査までは行わない。因って、治療はいわゆる対症療法となる。

次女の場合、夏休みの間文化祭の準備で毎日のように学校に行き、体を休める間がなかったことで、体力が落ちていたことは考えられる。これを機にゆっくりと休養して、来週からまた元気に学校に行ってもらいたいものだ。

|

« 思考粘性 at max | トップページ | 「故障中」 »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

> そう言った娘と、それを聞いた私は同時に落胆の表情

新型インフルでなくて、良かったのか悪かったのか。
当たりだったら気力全開で追い払ったでしょうか(o^-^o)。
何はともあれ回復に向かわれたようで、よかったです。

お嬢さんの平熱、低いですね。私も日本にいるときは35.2度くらいでした(今はこちらの気温に合わせて上がりました)。
冬に冷え性だったりしませんか? まだお若いからわからないかな。
もしそういう兆候があるなら、今のうちから血行をよくする運動とかをしておくとよいかもしれません。

投稿: pompon | 2009年9月24日 (木) 12時27分

ふつうに考えれば、陽性でなくてよかった、というところなんですが、

> また来春受験を控えている

これはツラいですよねぇ。受験生が二人いたわが家も、昨年は早々に全員がワクチンを接種しましたが、今回の心配はその比ではありませんよね。今のところの防衛策としては、「とにかく体力を落とさないこと」でしょうか。

投稿: baldhatter | 2009年9月24日 (木) 12時46分

pomponさん

そうなんです、とにかく平熱が低いので、37度の熱でも
相当つらいようです。今多いらしいですね、平熱が低い人。

baldhatterさん

ワクチンの接種優先順位もまだ決まってない状態ですし、
仰る通り、基礎体力を高めるしかないようですね。
とりあえず今週は全休させます。

投稿: Jack | 2009年9月25日 (金) 00時22分

とりあえず新型インフルエンザではなかったようで良かったと言えるのでは。受験を控えているだけに、お父上も心配なことでしょう。お嬢さんの早い回復をお祈りします。

ところで、日本領事館からメールが入り、9月30日から希望の人は(外国人も含め)誰でもワクチン接種が行われると連絡があり、場所、時間は指定されています。
日本では優先順位を決めるようですが、こちらは、日本で優先される方達には「ワクチンを接種してくださいと勧告」する形式を取っています。
オーストラリアは日本の22倍の大地に2000万人余りの人口ですから、ワクチンの制限はなくてもいいのかもしれません。
これから冬に向かう日本、しかも受験生を抱えている親としては心配なことと思います。お大事に。

投稿: billabong | 2009年9月25日 (金) 15時27分

billabongさん

>オーストラリアは日本の22倍の大地に2000万人余りの人口ですから、
>ワクチンの制限はなくてもいいのかもしれません。

それだけ広くて、人口密度が低いと確かに「濃厚接触」の機会が
少なくなり、感染リスクも下がるでしょうね。

その「広々感」がうらやましいです。

はい、受験、がんばります(^^)

投稿: Jack | 2009年9月26日 (土) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/46295706

この記事へのトラックバック一覧です: 「新型インフルエンザじゃなかったよ」顛末:

« 思考粘性 at max | トップページ | 「故障中」 »