« ビートルズ・リマスター盤 | トップページ | 宇宙ステーション補給機と新型ロケット »

2009年9月10日 (木)

日本対ガーナ戦

とにかく勝ったことを評価したい。

中盤をつぶされると攻撃力が激減することや、1対1の場面を作られると途端に決定的な形に持ち込まれてしまうこと、あいかわらずシュートの精度に難があることなど、いろいろと課題はあるものの、3点を取られながらも4点を取ってひっくり返したのは立派である。

これで選手たちも多少自信を持てたのではないだろうか。

今回は稲本が良かった。中盤のつぶし合いになったとき、サイドからのロングクロスという手段が効果を発揮することを示すと共に、ミドルシュートでも力いっぱい蹴る必要がないことを証明した。

中盤を消された場合、遠藤と共にロングフィードができる稲本は貴重な切り札になる。それと、かつては「王様」と言われた彼が長年ヨーロッパでもまれて「謙虚さ」が目につくようになったのもよい。そうした精神面での成長も、後半からの投入という「2番手扱い」の中でくさることなく、好結果を出した要因だろう。

話は少し変わるが、日本のサッカー文化ではやはり身勝手な選手は活き難い。無論、身勝手さに見合う突出した実力があれば何ら問題ないが(たとえばファンペルシーが日本チームに入ればとやかく言う声は起きないだろう)、そうでなければ謙虚さを尊ぶ日本文化の上に結成された日本代表チームでは受け入れられるのは難しい。

ここまで言えば、誰のことかはお分かりだろう。W杯本大会までの9ヶ月で、本田がどこまで成長するのかは分からない。ただ言えることは、注意されて、その内容ではなく注意の仕方にかみつく者は大成しないということだ。

|

« ビートルズ・リマスター盤 | トップページ | 宇宙ステーション補給機と新型ロケット »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/46176597

この記事へのトラックバック一覧です: 日本対ガーナ戦:

« ビートルズ・リマスター盤 | トップページ | 宇宙ステーション補給機と新型ロケット »