« 「新型インフルエンザじゃなかったよ」顛末 | トップページ | スポーツにおける性別 »

2009年9月24日 (木)

「故障中」

自動販売機が壊れた時、お店の人がコイン投入口に貼り付ける「故障中」の紙片を見るたびに思うことがある。

「この機械、意図的に故障してるの?」

これは決して“定義”ではないが、たとえば「営業中」や「工事中」など「…中」という場合、(例外はあるものの)そこには「意図的にそうしている」という言外の意味が含まれていると思っている。

なので、私にとって「故障中」というのは、「この機械は今、故障させているんですよ」といったニュアンスに聞こえ、どうもなじめない。

数日前に、『「発熱中」』というタイトルのエントリーを書いたが、これなども私の感覚からすると「ありえない表現」で、ま、これは「熱に浮かされると、こんなことを口走ることもある」といった意味あいで使ったものである。

ただこの「故障中」に関する私の“感覚”については、これまでに何人かに話したが、相手から賛同を得たことがない。きっと私だけの特異な受け止め方なのだろう。

|

« 「新型インフルエンザじゃなかったよ」顛末 | トップページ | スポーツにおける性別 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/46302554

この記事へのトラックバック一覧です: 「故障中」:

« 「新型インフルエンザじゃなかったよ」顛末 | トップページ | スポーツにおける性別 »