« 2ビートクロール | トップページ | 記者会見の開放 »

2009年9月17日 (木)

鳩山内閣始動

いよいよ鳩山内閣が仕事を開始した。

まず目に入ったのが「八ツ場ダムの計画中止」という新聞の見出し。そのほか川辺川ダムも建設中止が打ち出された。またインド洋での給油活動についても「延長せず」を明言。

これらは公約に掲げていたことだから、民主党としてもいの一番に表明する必要があったのだろう。ニュースバリューもあり、マスメディアにも取り上げてもらえる。

ただそのマスメディアの既得権打破となると、こちらはなかなか思惑通りには行かないようだ。民主党が本気で官僚政治からの脱却を目指しているのか、これも一つの重要な試金石になるだろう。

日経ビジネスオンライン:『鳩山内閣早くも公約違反? 隠れた官僚支配の温床壊せず

|

« 2ビートクロール | トップページ | 記者会見の開放 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

■鳩山内閣が本格始動-日本の政界の長期にわたる大変革が始まった!!
こんにちは。鳩山内閣が本格稼動を始めました。私は、先回の小泉自民党の大勝利のあたり、もしくは、その少し前から日本の政治風土の大改革が始まっているものと考えています。現在世界広しといえど、「政府による社会的」救済を無邪気に信じているのは、日本だけになりました。これは、かつてソビエト連邦や、それに脅威を感じて自由主義陣営の国々が導入した福祉国家のスローガンでもありました。しかし、ご存知のようにソ連も福祉国家も結局は、財政負担が増すばかりで成就せず破綻してしまいました。日本でも、やがて、「政府による社会的救済」は幻想であることが明らかになると思います。そうなると、今の民主党政権も安泰ではなくなると思います。かといって、自民党にそのまま返り咲くということも考えられません。後世の歴史家は鳩山内閣の誕生を「日本の政治風土の大変革のはじまりで、分水嶺(ぶんすいれい)を超えた時期であった」と記すことになるでしょう。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2009年9月18日 (金) 11時32分

yutakarlsonさん

>「政府による社会的救済」は幻想である

なるほど面白い視点ですね。ですが、政府じゃないとすれば、民間が救済にあたる
ことになると思うのですが、それで十分な救済が担保できるのか、ちょっと心許ない
気がします。確かにNPOなどもありますが、それだけではカバーしきれないでしょう。
となると、利潤追求を是とする企業の参入をあおぐことになり、果たして救済という
Rewardを求めない行為と利潤追求とが両立するものか…。
民主党については、与えられた最大4年という期間で目に見える成果を出すことを
求められているわけで、有権者もこれまで以上に政府の施策に注目していく義務が
あると思います。

投稿: Jack | 2009年9月19日 (土) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/46238896

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山内閣始動:

« 2ビートクロール | トップページ | 記者会見の開放 »