« コーヒー温度2009年秋 | トップページ | 変わらない場所 »

2009年10月 9日 (金)

ノーベル平和賞にオバマ大統領

驚いた。夕方6時のニュースでアナウンサーもびっくりしたような表情で、このニュースを紹介していたが、「ビックリ度」では今年1番ではないだろうか。

ノーベル賞というのは基本的には、功成り名を遂げたお年寄りが最後の栄誉として、過去の業績に対して授与されるものだと思っていたのだが、どうもそんな単純なことではないようだ。これといって確固たる実績をまだ上げていない就任9ヶ月あまりの大統領に贈呈してしまうのだから、その「先見性」には恐れ入る。

ノーベル賞は故人には贈られないため、日本の物理学者戸塚洋二や作家の安部公房のように賞に値する業績を残しながら、ついに受賞することなく逝った人は数多くいる。なので証文の出し後れになるよりはいいのだろうが、軽率な先物買いとならなければよいがとの懸念は残る。

この授賞、8年後も妥当だったと評価されればよいのだが。

|

« コーヒー温度2009年秋 | トップページ | 変わらない場所 »

その他」カテゴリの記事

コメント

「その先見性にはおそれいる」に全く同感です。
その昔日本の元総理大臣にも与えられたこのノーベル平和賞には、その後も良く疑問を感じたものですが、今回は「これって人気投票?」と思いました。
ほとんど実績を上げていない大統領に、「平和に尽くした」ことを評するノーベル平和賞を与えるということは、財団の「希望、念願」がそこにあるということを示しただけにしか映りませんよね。
「トレンドメーカー」としての役割もあると言うことなのでしょうか。
オバマ大統領、受賞する金額をどのように使うのかも知りたいものです。

投稿: billabong | 2009年10月10日 (土) 10時08分

>オバマ大統領、受賞する金額をどのように使うのかも知りたいものです。

どうやら全額を複数の慈善団体に寄付するそうですね。「朝目が覚めたら、こんなことになっていた」みたいな発言は面白かったです。賞に値する活躍を期待することにしましょう。

投稿: Jack | 2009年10月11日 (日) 15時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/46442380

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル平和賞にオバマ大統領:

« コーヒー温度2009年秋 | トップページ | 変わらない場所 »