« ミスの背景 | トップページ | 将棋:第68期A級成績順位表【4回戦】 »

2009年10月22日 (木)

Windows 7:さりげなく新発売 【追記あり】

Windows_7_2私の個人的関心の低さゆえか、前身のVistaに比べても静かなスタートだったような気がするWindows 7。

発売記念のカウントダウンイベントも行われたようだが、どうも売り手側ばかりが目立った感がある。

不評だったVistaの反省から、「簡単、軽快、新しい」をモットーとして開発が進められたWindows 7のエディションは「Home Premium」、「Professional」、「Ultimate」の3種類。

どのエディションが最適かはこちらで診断することができる。

私の場合、奨められたのは「Ultimate」―アマゾンで35,990円(通常版)である。

ただし、Windows 7に切り替えるならハードウェアも替えるつもりなので、実際には来年の春以降になるだろうと思う。それまでは、どれほど簡単、軽快になったのか、ネットでのレビューに注目しよう。

【追記】実数は公表されなかったが、Windows 7の先行予約数がVistaの販売後3ヶ月分の販売量を超えたとの発表がマイクロソフト・ジャパンからあった。だが、これはVistaが発売当初から如何に不人気だったかの証左で、あまり自慢できることではないような気がする。

|

« ミスの背景 | トップページ | 将棋:第68期A級成績順位表【4回戦】 »

その他」カテゴリの記事

コメント

私もUltimate になりました。ただアクセント記号を使う言語を使う必要がある-だけでそうなったような気がしますけど。
どのwinを使おうと、相手のパソコンが違うバージョンを使っていたり、Macだったりすると文字化けする可能性が高いので、アクセントを付けずにタイプするのに慣れてしまいました。
winも’95から’98は改善された点が多かったので話題になりましたが、今は、う~ん、メディアの進化に対応しているだけでしょうか。MacのiPodも新機種発売の時期ですが、あんまり話題になりませんしね。私のはVistaですが、どこが悪いのか、何が良いのか、全然わかりません。そこまで使いこなしてないってことですね。今は、持ち運びしやすい、小さい軽量型に関心があります。年末から旅行+帰国の計画中でもありますし(o^-^o)

投稿: pompon | 2009年10月28日 (水) 12時49分

>どこが悪いのか、何が良いのか、全然わかりません。

pomponさんの用途・目的には十分適応しているってことでしょう。
何も必要がないのに「使いこなす」べき理由はないと思いますよ。
要は、その人が必要な範囲で使って、特に問題がないのであれば
それが一番良いことなんですから。

投稿: Jack | 2009年10月28日 (水) 22時59分

実は、翻訳会社が独自に作っているソフトウェアをインストールしても、うまく作動しないことがありましたが、原因不明のまま、直接その会社に伺って仕事しました。サポートの人もいろいろメールでアドバイスくれたのですが、あちらのソフトの問題だろうと、いうことにしました(^-^; 年に1,2回しか依頼ないのに、それに備えて時間を割きすぎるのも損かなぁと。

北米はさすがにwin派が多いですが、フランスはMac王国。おまけに写真/グラフィック、音楽方面はみんなMacで、今はアルバムの録音さえも自宅でしてしまう(コーラスやオケ、ミックスはスタディオ)そうです。
前バージョンのサポート期間を短くしたり、新しいパージョンをこまめに出したり、どうも人の財布をあけるための手段のような気もしますが。

投稿: pompon | 2009年10月29日 (木) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/46557932

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7:さりげなく新発売 【追記あり】:

« ミスの背景 | トップページ | 将棋:第68期A級成績順位表【4回戦】 »