« 日曜日の午後に相応しい音楽って | トップページ | 近所の川にサケ »

2009年11月 9日 (月)

ベルリンの壁崩壊から20年とは…

今日(09年)11月9日はベルリンの壁が崩壊してから20年目に当るという。新聞や雑誌などで、壁崩壊の裏面史が盛んに取り上げられているが、あれだけの出来事である、数え切れないほどの様々なドラマが展開されたことだろう。

ところで、経過した年月に関しては「もう20年も経ったのか」というのが率直な感想である。この頃はいろいろな場面で「時間の流れの速さ」を感じるが、このベルリンの壁崩壊からの20年は特に短く感じられる。

1989年11月というと、私が会社勤めを辞める決意をした頃に当る。ただ私の中では、その決意と、若者がコンクリートの壁につるはしを振り下ろしていたテレビの映像とがまったくリンクしていない。個人的に重大なことと、世界情勢の一大異変とが同時期に起こっていたにもかかわらずにである。

頭では「大変なことが起きてるぞ」とは思っていた。が、ドイツ在住の叔父からは、「壁は壊れたけど、日常生活に大きな変化はないから心配ない」との連絡もあり、ベルリンの壁がブロック状に切り分けられ、クレーンで撤去される様子を、文字通り遠い出来事としてとらえていた。

そしてこの20年の間には、私の脱サラ、次女の誕生、現在地への引越し、妻の死去、それからの目まぐるしい日々など、何がどういう順序で起こったのか、自分でもまだ整理がついていないようなあわただしい時間が流れた。

これからの10年はもう少しゆっくりとした時間の中で生きてゆき、ベルリンの壁崩壊30周年の日には、30年分の自分史を振り返ったり、今日のこのエントリーを読み返したりと、過去をじっくり見直すゆとりを持てるようになっていたいものである。

もちろんその時、世界が今よりちょっぴりでも住みやすくなっていれば幸いである。

|

« 日曜日の午後に相応しい音楽って | トップページ | 近所の川にサケ »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

> まったくリンクしていない。個人的に重大なことと、世界情勢の一大異変とが同時期に起こっていたにもかかわらず

おっしゃるとおりです。
私の場合も、今年が結婚 20 周年になるとは前から判っていましたが、ベルリンの壁崩壊と同じ年だったとは記憶されていません。

振り返ってみればあっという間なのに、そこを抜けてくるまでにはいろんなことがある。その経験の蓄積がすなわち人生なんですね。

投稿: baldhatter | 2009年11月10日 (火) 14時17分

>今年が結婚 20 周年

おめでとうございます。
因みに、うちは妻が元気であれば29年目でした。
年齢と同じで、私は諸々のことでbaldhatterさんの約10年前
を走ってる感じがします。

投稿: Jack | 2009年11月11日 (水) 05時38分

私も「あれから20年経ったんだ・・・」という思いを抱いています。1989年は公私ともども価値観をでんぐり返しされるような年でした。昭和天皇の崩御に始まり、ソ連の共産主義の終焉、9月の母の死、11月のベルリンの壁の崩壊が続いた年でしたから。1945年の終戦以後の世界の支えであったものが音を立てて崩れて行く「匂い」を感じたものです。
必然的な結果ではあったのですが、1990年代後半から日本ではバブルがはじけました。
Baldhatterさん、Jackさんの私的生活の中でも、この二十年間大きな変化があったようですが、世界の状況のみならず、人生やや後半を迎えつつ(???)ある私達には、次の20年どうなるのだろうかという気持ちを抱いてしまいますね。年々年月の経過の早さが加速されると感じているこの頃、ますます日々を大切に生きたいという気持ちになります。

投稿: billabong | 2009年11月13日 (金) 23時32分

billabongさん

「10年ひと昔」と言いますから、20年だと「ふた昔」。たとえば、10代&20代でも、
30代&40代でも、人生のどのステージであっても20年という歳月は大きな変化を
もたらすのに十分な長さですね。

>年々年月の経過の早さが加速されると感じているこの頃、ますます日々を
>大切に生きたいという気持ちになります。

まったく同感です。

投稿: Jack | 2009年11月14日 (土) 15時23分

朝5時のラジオで「20年経って、ようやくanecdot(この場合、秘話でしょうか)が聞こえてくるようになった」と聞いて、(10年の間違いでないか)と床の中で思い、よ~く考えて、(やっぱ20年だ)と納得しました。当時、社会人4年目、それなりに油がのっていた時期ですが、横文字音痴ですから世界情勢なんて全くリンクなしでした。テレビの画面上の出来事。今になって、記録映像やスパイ映画などを目にして時事ではなく「歴史的出来事」として観ています。20年なんてあっという間ですね。

baldhatterさんは磁器婚(陶磁婚)式、Jackさんは真珠婚式まであと一年。すご~い。おめでとうございます。仏系カナダでこういう記念日を祝える夫婦は珍しいですね。だいたい離婚ー再婚を少なくとも2,3回経験してます。

投稿: pompon | 2009年11月15日 (日) 05時37分

>だいたい離婚ー再婚を少なくとも2,3回経験してます。

え~、そうなんですか。欧米を追いかける日本・・・やがてそうなるのでしょうかね。

投稿: Jack | 2009年11月17日 (火) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/46722685

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリンの壁崩壊から20年とは…:

« 日曜日の午後に相応しい音楽って | トップページ | 近所の川にサケ »