« 将棋:第68期B級1組成績順位表 【9回戦】 | トップページ | 師走かあ… »

2009年11月30日 (月)

5桁違い

鳩山由紀夫総理大臣の献金問題がじわりじわりと広がりを見せている。

これまでに実の母親からおよそ9億円の資金提供を受けていて、それを首相本人がまったく知らなかったという。

卑近な喩えで恐縮だが、我々“庶民”であれば、親から9万円借りて、自分も2万5,000円を出していながら、それを何に使ったか分からないということはあり得ない。でも、鳩山さんちではそういうことが起こるらしい。しかも億単位で…。

今、検察の捜査の焦点はいわば金の“入り”の部分にあって、母親から提供された資金が法律に則りきちんと処理されていなかったのではないか、贈与に当たるのではないかということが取り沙汰されているようだ。贈与と判定されれば、鳩山首相には贈与額の最大50%が課税される。

9億円もの金が入ってきていて、それを知らなかったというのは俄かには信じられないことだが、それよりも気になるのが、それだけの金が何に使われたのかということである。

報道によれば、2004年から2008年までの5年間に、母親から鳩山氏へ9億円が渡ったとされているが、同時期に母親は総額30億円もの金を口座から引き出しているそうだ。その一部が息子の鳩山由紀夫首相の政治資金になったわけで、残る21億円についてはどのようになったかの報道はない。

他人の財布の中味をとやかく言うのはあまりよい趣味ではないが、事は内閣総理大臣が絡む話である。趣味云々を言っている場合ではない。また額が額だけに鳩山氏の「知らなかった」という言葉は信じ難い。何かを隠しているような印象を受ける。

まさか、“その金で総理の椅子を買った”などということはないと思うが、鳩山氏は単に入金処理の問題に留まらず、その使途も含め明確な説明をする必要があるだろう。

ところで、ふと思ったのが、私だったら、いくらぐらいで所持金を把握できなくなるのかということで、まず財布の中にある1万円札の数を失念したり、間違えることはない。だが、千円札の枚数となると自信がなくなる。コインパースの中味は大よその額しか把握してない。そう考えると、私の場合、認識の限度は1,000円の単位にあるようだ。それが鳩山さんは数億円…。この5桁の違いに、永田町の異常さを垣間見た気がする。

それと、私は金額が把握できなくなる限度を、額の小さい方向に探っていったのだが、鳩山さんちではどうやら“額が大きくて把握しきれない”ということのようで、その点も“庶民の想像力”では理解不能である。

|

« 将棋:第68期B級1組成績順位表 【9回戦】 | トップページ | 師走かあ… »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この方の祖父(首相経験者)のWikiに「おぼっちゃんだった」と記載があります。代々そうなのかもしれません(゚ー゚;。お金の出し入れは自分でしなくても、また心配しなくても、お付きの人がしてくれる家なのでは? 収入より支出が多いといけない、なんていうのはわかっていても、自分でお金を扱ったことはないかも。きっと自分が雇っている人にいくら払っているかも知りませんよ。昔の王族・貴族はそうだったのでしょうねぇ。だから、革命とか戦争でその地位を失った人が多いと。。。確か、エルトン・ジョンもこういう人みたいです。それにしても、お母様、お金持ちですねぇ。

投稿: pompon | 2009年12月 2日 (水) 01時13分

>それにしても、お母様、お金持ちですねぇ。

世界のブリヂトン創業者の娘ですからね。いったい、どれくらい
お持ちなのか本人も定かじゃないのかもしれません^^;

投稿: Jack | 2009年12月 2日 (水) 15時53分

ブリジストンっていう名前の英訳は大好きですよgood
お兄ちゃんだけじゃなく、公平に下の息子にもっておこずかいを渡す感覚だったのでしょうかsign02
そのお金で、九州に新幹線敷けませんかね。子どもの病気の研究にとか、天災の被災者への寄付とか。。。少なくとも何に使ったかわからないよりも何かわかることに。

投稿: pompon | 2009年12月 3日 (木) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/46901535

この記事へのトラックバック一覧です: 5桁違い:

« 将棋:第68期B級1組成績順位表 【9回戦】 | トップページ | 師走かあ… »