« 11月3日:晴れの特異日 | トップページ | 体の変化 »

2009年11月 4日 (水)

トヨタ、F1撤退

トヨタが今年限りでF1から撤退することを発表した

2年前には約2兆円の利益を上げていた会社が、「100年に1度」の「未曾有の事態」に遭遇したからといって、こうも急激に業績を悪化させ、ようやく実現した積年の夢であるF1からも撤退するというのは異常事態だろう。

折りしも、アメリカでは高級ブランド“レクサス”を含め、フロアマットに起因する事故が頻発し、380万台あまりを対象としたリコールを決定した。その費用がどれほどになるか明らかにされていないが、数百億円の規模になることはほぼ確実で、一千億の大台に達することも十分あり得る。

さらに、日本ではあまり報道されていないが、フロアマットが原因とは考えられない死亡事故が複数発生しており、その損害賠償でさらに莫大な費用がかかると見込まれている。

トヨタにとって痛いのは、そうしたトラブルが北米での(ということは世界での)トヨタの躍進を支えてきた“レクサス”ブランドで起きている点だ。高級車だけにユーザーの目は厳しく、今後売上の減少は避けられず、トヨタの経営にとっては大きな打撃となる可能性がある。

一部に、トヨタはGMを追いかけ、追い越すことを目標としたあまり、従来の健全・着実な経営戦略から逸脱し始めていたという指摘もある。

頂点(売上世界No.1)に達し、わが世の春を謳歌している最中に襲い掛かってきた世界的大不況と、死亡事故に結び付く技術的欠陥の発覚―単に泣きっ面に蜂というだけでは言い表しきれない負の事象の連鎖であり、果たして「偉大な田舎企業」にそれを克服することは可能なのか。

かつて学生の就職希望先No.1であったJALの経営危機といい、F1撤退に象徴されるトヨタの不振といい、既存の枠組みが次々に壊れてゆく様には空恐ろしさを覚えざるを得ない。

|

« 11月3日:晴れの特異日 | トップページ | 体の変化 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/46675850

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ、F1撤退:

« 11月3日:晴れの特異日 | トップページ | 体の変化 »