« プロ将棋界の「コップの中の嵐」 | トップページ | 『パリに咲いた古伊万里の華』展 »

2009年11月23日 (月)

タバコ値上げに関連して

タバコ(20本入り1箱)の値段は日本では概ね300円~350円だが、世界で最も高いノルウェーでは900円以上である(参考)。

民主党が政権を取ったからなのか、その「比較的安価」な日本のタバコが1箱600円程度に値上げされることになりそうだとのことで、賛成反対の議論が喧しい。

タバコを吸わない者からすると、値段が600円になろうと6万円になろうと一向に差し支えないのだが、愛煙家にすれば由々しき事態であろう。さて、その喫煙派の代表というわけでもないだろうが、経済アナリストの森永卓郎氏の主張が週刊新潮(09年11月26日号)に載っていた。

「そうなれば(引用者注:タバコが値上げされれば)喫煙率が落ち、大雑把にいって平均寿命は3年延びることになります。それは結構なことですが、後期高齢者が増えることになり、1人当たり約80万円の医療費が新たに加わる。それが1年で7000億円として3年分では2兆円以上の国民負担が増えると見ています。政府はこうした試算をきちんと示してから国民のコンセンサスを得るべきですよ」

以上が森永氏の主張だ。記者が意図的にせよ無意識にせよ、氏の主張を不当に省略したり、捻じ曲げたのでない限り、氏は「タバコを値上げすれば、医療費の増加で国民負担が増える」と大真面目に言っているのだ。

しかし、タバコの値上げによって喫煙率が下がり、その結果として平均寿命が延びるのは何年後のことなのだろう。氏の主張ではかなり短期間にそうしたことが起こるような印象を受ける。専門的に解明されているかどうかは分からないが、そうした影響が顕著になるのは10年単位の年月が経過した後だろうと思う。

また平均寿命が延びて、後期高齢者(実に嫌な表現である)が増えたとして、その75歳以上の人たち全員に医療費がかかるわけでもあるまい。非喫煙者が増えて行けば、健康なお年寄りが増えて行くと考えるのが妥当だろう。もうひとつ、喫煙率の低下によって、タバコに起因する疾患が減るはずで、それによる医療費削減効果も当然ながら考慮しなければならない。その観点が森永氏の主張には含まれていない。

ところで、そんな“統計的議論”ではなく、個人レベルの視点で考えれば、“禁煙がよいことである”のは議論の余地はない。禁煙して誉められることはあっても、非難を受けることがないという一点だけで十分な証拠となるだろう。

誰がタバコを止めた人に「あんた、なんでタバコ止めたんだ」と詰め寄るだろうか。

タバコの値上げは、若い人ほど禁煙にふみ切る有効なきっかけになるだろう。それは(医療費云々ということでなく)個人レベルの幸せにつながることになる。誰も、身近な人に、タバコが原因で早死にしてほしくはないだろう。

年長の人に比べれば、一般に若い人は収入が少ないため値上げの影響が大きい。因って、吸い始める人が減少することが期待される。また喫煙期間も短いため、相対的に禁煙をしやすいということもあるだろう。禁煙が早ければ早いほど、中高年になってからタバコが原因の病気に苦しめられる可能性は小さくなる。

現在タバコを吸っている人の中にも、できれば止めたいと思っている人は少なくないのではないか。そうした人たちが禁煙に一歩踏み出す契機としても値上げは効果的だろう。

1箱600円…私が“止めたがっている喫煙者”なら、歓迎する値段である。

|

« プロ将棋界の「コップの中の嵐」 | トップページ | 『パリに咲いた古伊万里の華』展 »

その他」カテゴリの記事

コメント

この禁煙家の経済アナリストさんの意見は変ですね。
カナダでは、タバコの害についてテレビやタバコの箱などでいろいろな宣伝がされています。ぞっとしたのは、自分自身は吸わなくても、二次喫煙で病気になるということ。今でさえ、食堂やバーでは禁煙ですが、喫煙が許されていた時代に、そういう場所で働いていた人は、タバコの煙を吸っているわけですよね。喫煙者が減れば、二次喫煙で病気になる人も減って、後期高齢者もまたまた増えて困るのでしょうか。
カナダのタバコは高いそうです。値上げは税金の率をあげているからで、1箱20本で8ドル(約750円)ほどだそう。
だた、タバコの売上が、F1開催に影響しているとも聞いています。

投稿: pompon | 2009年11月24日 (火) 10時32分

すみません、喫煙者の経済アナリスト、、、でした。

投稿: pompon | 2009年11月24日 (火) 13時24分

これも森永節なのかなぁ。

「健康にいい政策を進めると老人が増えるから困るぞ」

と言ってるわけですよね。

投稿: baldhatter | 2009年11月24日 (火) 16時38分

pomponさん

>カナダのタバコは高いそうです

リンク先の資料によると、カナダのタバコの値段は第9位ですね。
総じてOECDなどに加盟する「先進国」でタバコの値段は高いようです。
そのOECD加盟国中、日本のタバコの値段は16位。真ん中ですね。
他国はどうなのか分かりませんが、日本の場合、政治家がまだ
本気で禁煙のことを考えていないように感じるのが問題です。

baldhatterさん

仰る通りですね。「老人が増えて金がかかるようになるぞ」と言ってるのですが、
だからどうしたって言いたくなります。一歩譲って、医療費が増加しても、それが
「国民負担の増加」に直結するというのは短絡的だし、税金の無駄使いや官僚の
お手盛り(天下りなどを含め)を減らせば7000億円ぐらいの支出増を相殺するのは
不可能ではないでしょう。
「森永節」って、そんなにこの人、ヘンテコな発言で有名なんですか? 知らなかった^^;

投稿: Jack | 2009年11月25日 (水) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/46844595

この記事へのトラックバック一覧です: タバコ値上げに関連して:

« プロ将棋界の「コップの中の嵐」 | トップページ | 『パリに咲いた古伊万里の華』展 »