« 将棋:第22期竜王戦七番勝負第3局 渡辺が3連勝 | トップページ | 展覧会:假屋崎省吾の世界 »

2009年11月12日 (木)

五輪開催への妄執

東京都の石原慎太郎知事が2020年のオリンピック開催地に立候補する意志を表明した。

つい先頃、2016年オリンピックの開催に名乗りを上げて落選し、その総括・清算も済んでいない上、ご本人は2011年の任期切れを以って都知事の職を辞すと明言しているので、もし東京が日本の候補地に選ばれれば、IOCを相手にした実質的招致活動は次の知事に委ねられることになる。

これはまた随分と無責任に思えるのだが、石原知事は何をそんなに焦っているのだろうか。

2016年大会の東京オリンピック招致本部荒川満本部長は「今立候補しないと間に合わなくなる」と理由を述べていたが、それは2020年には間に合わないかもしれないが、オリンピックはその先も続くのであり、ここで拙速に事を運ぶべきではないだろう。

間に合わなくなるのは石原氏個人の事情にかかわっているのかという気もする。2020年に東京でオリンピックが開かれるとしたら、氏は87歳。健康に十分留意すれば健在である可能性はある。東京オリンピック実現の立役者として開会式に賓客として招かれるなど相応の扱いを受けるだろう。案外そんなことを夢想しているのか。それとも「オリンピック招致のためならもう一肌脱ごう」とばかり、知事4期目の立候補を考えているのだろうか。

東京でオリンピック…広島・長崎による共催案の前には大儀名分もインパクトも弱く、それでもなお立候補を目指す姿を見ていて「妄執」という言葉を思い出した。

|

« 将棋:第22期竜王戦七番勝負第3局 渡辺が3連勝 | トップページ | 展覧会:假屋崎省吾の世界 »

その他」カテゴリの記事

コメント

オリンピック。。。モントリオール市民はあのコマネチ選手が話題をさらった年から30年ほど費用を(市民税)を払いました。利子も大そうなものだったろうと想像してます。さて、来年早々開催のバンクーバーは何年かかるやら。
東京は旅行者などの経済効果を期待しているのか、話題づくりを期待しているのでしょうか。確か、現知事さんが作った銀行がありましたよねえ。債務はどうなったのでしょう。

投稿: pompon | 2009年11月15日 (日) 05時19分

>確か、現知事さんが作った銀行がありましたよねえ。債務はどうなったのでしょう。

膨大な額に達しているようです。Wikipediaによると、「再建計画最終年の2011年度に焦げ付き(債務不履行)が600億円」に達するそうです。都民もとんでもない人を知事に選んじゃったみたいですね。

投稿: Jack | 2009年11月17日 (火) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/46747256

この記事へのトラックバック一覧です: 五輪開催への妄執:

« 将棋:第22期竜王戦七番勝負第3局 渡辺が3連勝 | トップページ | 展覧会:假屋崎省吾の世界 »