« ピアノ風ギターのスタンリー・ジョーダン | トップページ | ワールドカップ予選グループ決定 »

2009年12月 4日 (金)

2010 FIFAワールドカップ南アフリカ組合せ抽選

あと2時間ほどで、来年のFIFAワールドカップ南アフリカ大会予選リーグの組合せ抽選が始まる。日本がどのような組合せのグループに入るのか、大いに気になるところで、今夜はテレビ中継を観ようと思っている。

一昨日、シードの8カ国が発表された。

  南アフリカ(開催国)
  イタリア(前回優勝国)
  アルゼンチン
  ブラジル
  イングランド
  ドイツ
  オランダ
  スペイン

前回準優勝のフランス、同4位のポルトガルはシードから外れた。

で、事前の予想や願望がネットにも多数掲載されていて、「最高」と「最悪」のシナリオが取り上げられている。

「最高の組合せ」は、

  南アフリカ
  ウルグアイ
  スロバキア
  日本

南アフリカとは先月対戦し引き分けた。ウルグアイは南米予選で5位となり、大陸間プレーオフで勝ち上がったきたチーム。なので、南米チームでは「一番弱い」ということのようだ。スロバキアは今回が初出場。出場4回目の日本としては先輩の意地もあり負けられない。以上、「最高の組合せ」の根拠である。

逆に「最悪の組合せ」は次のようなもの。

  ブラジル
  フランス
  コートジボワール
  日本

ブラジル、フランスについては言うまでもないだろう。また6カ国が出場するアフリカ勢はどれも「曲者」揃いだが、中でもドログバという現在世界トップクラスで、日本人選手が特に苦手とするタイプの強力FWを擁するコートジボワールは避けたい相手である。

さて、どんな組合せになるか。楽しみに待つことにしよう。

|

« ピアノ風ギターのスタンリー・ジョーダン | トップページ | ワールドカップ予選グループ決定 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/46937292

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ組合せ抽選:

« ピアノ風ギターのスタンリー・ジョーダン | トップページ | ワールドカップ予選グループ決定 »