« マイクロソフトの用語集 | トップページ | 『星花火』 »

2009年12月16日 (水)

物も言いようで…

中国の習近兵国家副主席の天皇会見で、鳩山政権が「1ヶ月ルール」を破ったと話題になった。それで思ったのが、鳩山さんは何ではっきりと物を言わないんだろう、小沢さんは何であんな風に喧嘩腰なんだろう、ということ。

宮内庁の羽毛田長官が「天皇の政治利用」を危惧する発言をし、それに対して鳩山総理以下が反論した今回の騒動だが、そもそも「政治利用」とは何なのかがはっきりとしない。

ただ今回の“横車”は政治利用とは少々違うのではないかという気がする。それは、特定の政党や政治家の利益のためでなく、日本の利益になると思えるからだ。

今や中国が政治的にも経済的にも、はたまた軍事的にも無視し得ない存在であることは明白であり、その中国の次期国家元首の可能性がきわめて高い人物を特別扱いすることは、単に民主党政権のためというよりは、日本のためになるのではないか。鳩山さんは「日本の国益に資すると判断したからだ」とはっきりと言えばいいのだ。

一方、小沢一郎幹事長だが(憲法云々を持ち出したのは余分だが)言っていることは概ね正しいと思う。ただ、なぜあんな風な物の言い方をするのだろうか。あれが個性だというのであれば何をか言わんやで、多くの国民から賛同を得るのは難しいだろう。

ルールがあって、それを破らなければならないとき、それに値するだけの理由が必要なので、今回の件で言えば、それが国益であり、中国とのつき合いに対する先行投資でもある。事実、習副主席自身、日本の特別な配慮に感謝の意を表し、中国外務省も特に言及して謝意を明らかにした。いわば恩を売ることができたわけだ。もちろん、こんなことで外交や国際政治に大きな効果を期待することは無理であり、ましてや相手はあのしたたかな国である。将来、今回の特別待遇のことなどあたかもなかったの如く振舞うことは大いにあり得る。

それでも、今回の一件を“国益のため”と位置付けることは、日本が単に“外面”(そとづら)のためにルールを破ったのではなく、国家として当然の判断が働いていたのだということを内外にはっきりと知らしめることになるだろう。

|

« マイクロソフトの用語集 | トップページ | 『星花火』 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/47041014

この記事へのトラックバック一覧です: 物も言いようで…:

« マイクロソフトの用語集 | トップページ | 『星花火』 »