« 歯痛と眼痛と耳痛と頭痛 | トップページ | タイガー・ウッズ騒動 »

2009年12月22日 (火)

牛鍋

PhotoPCに保存してある写真データを整理していたら、こんな写真が出てきた。横浜名物“牛鍋”である。

明治になり多くの外国人が住むようになった横浜では、桓武天皇以来の牛肉食禁止の令を破り牛鍋が食べられるようになった。文明開化の象徴の一つでもあり、また横浜を代表する料理で、市内には何軒か牛鍋屋がある。その中でも有名なのが、先日のNHK『ブラタモリ』でも取り上げられていた「太田なわのれん」だ。

私も一度だけ食べたことがある(写真はその時撮影したもの)。店独自の味噌だれで味付けしており、相当に濃厚な味わいである。で、番組を見ていて、「あの牛鍋はタモリの口には合わないんじゃないだろうか」と思った。タモリという人は実は「草食系」であって、「肉食」の代表格のような太田なわのれんの牛鍋は決して好みではないだろう―というのが私の読みだった。案の定(画面に映った限りでは)、タモリは肉も、また誉め言葉もあまり多くは口にしなかったようだ。

ところで牛鍋といえば、明治の文豪森鴎外にずばり『牛鍋』(青空文庫)という掌編がある。こちらに出てくる男は、まさに牛鍋がぴったりの肉食系だ。細かい描写からは、脂でぬめりと光る男の唇が目に浮かんでくる。この一編は、一度牛鍋を食べてから読むとまた違った味を賞味できるに違いない。

|

« 歯痛と眼痛と耳痛と頭痛 | トップページ | タイガー・ウッズ騒動 »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

うわ~、岡崎(八丁)みそよりも濃そうな味噌ですね。タモさんじゃなくても九州人は引いてしまいそうです。どんな味なんでしょう。

> 桓武天皇以来の牛肉食禁止の令

ということは、日本でも牛肉を食べていたってことでしょうか。維新前でもイノシシを食べていたのは知っていたのですが。

投稿: pompon | 2009年12月24日 (木) 08時09分

>九州人は引いてしまいそうです

九州の人は濃い味の味噌はダメですか?

>日本でも牛肉を食べていたってことでしょうか

正確なことは分かっていないようですが、まさに九州では
朝鮮半島から連れてこられた陶工たちが牛肉食の習慣を
持ち込んで、地元民との間で問題化したりしていたようです。
日本人も地方によっては、「ぼたん」、「もみじ」、「さくら」なんて
称していろいろな肉を食べてたようですしね。

投稿: Jack | 2009年12月25日 (金) 01時51分

> 濃い味の味噌

九州人といっしょくたにすると怒る方もいらっしゃるかもしれませんが、九州はだいたい白い麦みそです。麦カスがみそ汁にプカプカ浮いていたりします。だから関東に行って赤みそで作ったお味噌汁に慣れるのにちょっとかかりました。田楽とかふろふきだいこんには、赤みそでも大丈夫ですが。

連れてこられた陶工たち

異文化が入ってくるきっかけはこういうことだったのですね。

投稿: pompon | 2009年12月26日 (土) 11時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/47089703

この記事へのトラックバック一覧です: 牛鍋:

« 歯痛と眼痛と耳痛と頭痛 | トップページ | タイガー・ウッズ騒動 »